昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

話題の音声「アグー、ソフトバンク行くらしいよ」を検証。西武・山川穂高選手の“移籍噂話”に動じる必要はありません

文春野球コラム ペナントレース2022

 マイナビオールスターゲーム2022でプロ野球ファンを大いに沸かせた、我らが埼玉西武ライオンズの主砲・山川穂高さん。馬の被り物で登場したかと思えば、ピコピコハンマー片手に盛り上げをはかり、豪快なホームランを放ってみたり、ビジター用ユニフォームを忘れてくるというお茶目な失敗をしてみたり、2試合連続で本人爆笑のフリップ芸を披露するなど大活躍でした。

 特にフリップ芸は山川さんの世間的なイメージ(※山で肉とか焼いてそう/サインの代わりに手形押してそう/いつも小枝咥えてそう)とギャップがあったようで、「すごい達筆!」「文字キレイ!」「内容はエグいのに文字はかわいい!」とSNSも大変盛り上がりました。その模様をライオンズファンとして微笑ましく見守りつつ、「実はピアノも上手いんですよ」「ドカベンで言えば殿馬なんです」「山田の姿をした岩鬼ではなくて」と伝えたくなるような気持ちになりましたづら。

オールスター第1戦でソロ本塁打を放った山川穂高

話題の音声「アグー、ソフトバンク行くらしいよ」

 ただ、そうした表向きの盛り上がりと並行して、キナ臭い話題も盛り上がっていました。それは一部で報道されている、とある音声の件です。第1戦を前にして配信されていた日本野球機構(NPB)公式動画チャンネルでの練習風景のライブ映像に、出場選手同士の会話と思しきキナ臭い音声が乗ってしまっていたというあの件。会話の内容は、山川さんが福岡ソフトバンクホークスへ移籍するという噂話のようで、映像に乗っていた音声は聞き取りづらい部分もあるものの、僕には以下のような会話に聞こえました。

A:「アグー、ソフトバンク行くらしいよ」
B:「えっ?」
A:「アグー、ソフトバンク行くらしいよ」
B:「誰? アグー? アグー?」
B:「えっ、来年じゃないの?」
A:「来年じゃないよ」

 アグーとは、沖縄県出身で大柄な体格をしていることからついた山川さんのニックネームです(※蔑称ではありません)。聞き取りづらい音声でしたので、まったく異なる文脈の会話である可能性も残りますが(※携帯のキャリアを変えるという噂話とか/キューバから大物外国人アグーが来日するという噂話とか)、会話が行なわれた状況を考えれば、山川さん移籍についての噂話であることは間違いないでしょう。少なくとも「そう思わせる」に十分なほど話の辻褄は合っています。

 A人(エーと/仮名)さんの「これは内緒の話なんだけどな……」というテンションの声色であったり、ホークスへの移籍話をわざわざB太(ビーた/仮名)さんに伝えるという人選であったりは、別角度からの映像で見えた「ちょうど配信カメラのそばにいた」選手の顔ぶれからして、信憑性を高めることはあっても低くすることはありませんでした。僕も「架空の冗談」ではなく「真剣な噂話」と受け止めました。

 ただ、この噂話に動じることはありませんでした。

 何故かというと山川さんが国内FA権を取得するのは、早くても来年だとわかっていたからです。

 はじめて国内FA権を取得するまでには、「145日以上出場選手登録されたシーズン」が「8シーズン(大学・社会人出身選手は7シーズン)」必要です。もし145日に満たないシーズンがあった場合は、その日数を合算して145日ぶんを1シーズンとカウントすることができます。つまり、「フル稼働しても最短8シーズン(大卒・社会人卒は7シーズン)」が必要で、2軍落ちや怪我で登録日数が足りないシーズンがあればそのぶんFA権獲得は遠のくわけです。

 山川さんは大卒選手として2013年のドラフトでライオンズ入りをしました。2014年、2015年は1軍出場はごくわずかで、2016年に49試合出場、2017年の後半からレギュラーに定着して78試合出場。以降はチームの主力として活躍をつづけています。2017年までの登録日数は合算しても「1シーズン+α」であり、2018年以降に毎年「1シーズン」ぶんを積み増しても、2022年シーズン終わりで「6シーズン+α」までしか到達しません。A人さんが「来年じゃないよ」と言っていたのであればそれは間違いであり、B太さんが思っていたように来年の権利取得となる見込みなのです。

 ふぅー、ビックリしましたよね。まぁ、B太さんが急に話を振られても山川さんがいつFAになるのかを把握していた点や、そもそもA人さんがどこからそんな噂話を仕入れてきたのかを考えると、「あれ? 来年ソフトバンク行きはすでに公然の秘密なのかな?」とか「あれ? 誰か移籍先の情報収集がてらに外部と密通している選手でもいるのかな?」とか考えて憂鬱な気分にはなりますが、とにかく「今オフに山川さんがソフトバンクに行く」ことはありません。

 世間ではこの噂話を真実と受け止めている方もいたことでしょうが、どうぞご安心ください。山ちゃんはまだやめへんのです。山川さんは今シーズン・来シーズンとライオンズ一筋で奮闘し、ライオンズを2度の日本一に導いてくれることでしょう。たぶん、そのほうが市場価値も高騰するし、「やり残したことはない」感も出るでしょうからね……。どすこーい……。(※何かが遠くに行ったときの掛け声)

z