文春オンライン

 まずは地元の人にどんなに勧められても名物は食べない(笑)。自分のセンスを頼りに、ピンとくる見た目の料理がないか食べログを地道にチェックするのが一番です。
 
 絶対にハズレを引きたくないなら、一番無難なのはイタリアンかフレンチに行くこと。どこの街に行っても、イタリアンやフレンチは大体うまいですから。ラーメン屋とか素人が修行しないで安易に始めるパターンもありますけど、イタリアンとフレンチは修行なしでは出来ないだろうし。

 特に長野県松本市は、地元の人は名物だからと言って蕎麦かジンギスカンを勧めてくるものだけど、不思議とフレンチやイタリアンで名店が多い印象なんですよね。その土地ならではのものが食べたいなら、地元の野菜を使った料理とか、メニューではなく素材で楽しめばいいと思います。

「福岡のカフェ飯」をあなどるなかれ

――地方といえば、掟さんは、九州の甘じょっぱい味付けが苦手だと公言していますよね。
 
 そう! 『食尽族』でも甘い醤油の悪口をこれでもかと並べ立てております! 2015年から6年間、嫁の実家がある福岡に住んでいた頃は甘い醤油とそれを使った甘い味つけの料理がイヤでイヤで仕方なかったけど、福岡には美味しいものが他に山程あって、中でも所謂カフェ飯と言われているものはなかなか馬鹿にできませんね。
 
 福岡弁で「しゃれとんしゃあ(オシャレですね)」っていう言葉があるように、福岡の人たちはオシャレな雰囲気のものが大好きなんですよ。だから、とびきりオシャレなカフェでとんでもなくうまいメシに出会えたりする。

 福岡西区の海沿いのおしゃれカフェ「Sunflower」で食べたカルボナーラはめちゃくちゃうまかったなぁ……。店のオススメはそれじゃないやつなんですけど、パスタ類は何食っても当たりでした。
 
 あと醤油が甘い店ばかりだから福岡であまり寿司は食べないようにしていたんだけど、「いでの上料理店」は最高でした。温度管理して熟成させたネタを使った寿司はどれも見事で丁寧に仕事してあって、塩で食べる熟成ヒラメの握りは今まで食べてきたヒラメの中でも一番!

「いでの上料理店」のヒラメとえび

 2021年2月にオープンしたばかりなのに、今じゃ予約が取れない店になっているらしいです。自分の本で福岡メシの悪口いろいろ書いちゃったけど、俺が言うまでもなく福岡は良い店もいっぱいあるんですよ。