昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

リンガーハットなのに異色の“ロースかつ定食、牛丼”が大人気…埼玉・八潮PAにしかない「リンガー食堂」に行ってみた

長崎ちゃんぽんでも皿うどんでもなく――<じゃない方のグルメ>

2022/08/26

 毎度おなじみ「じゃない方のグルメ」。

 今回は長崎ちゃんぽんのリンガーハット!

 

リンガーハットには“特別なお店”が

 国産野菜をたっぷり食べられるので、僕もよく通っていますが、なんとリンガーハットで定番のちゃんぽんや皿うどんじゃない方のメニューをがっつり堪能できる特別なお店があるとのこと。

 しかも、かなり変わった場所にあるというので、わざわざ車に乗って行ってきました。

たしかにリンガーハットなのに定食や丼が沢山!

 東京からはるばる向かったのは、埼玉の首都高八潮PA(パーキングエリア)。

 リンガーハットなのに、ちゃんぽんや皿うどんじゃない方を楽しめるという、その名も「リンガー食堂」は、高速道路のパーキングエリアにあるお店なのです!(車がない人は、近くの八潮駅から徒歩で来ることもできます)

いつものリンガーハットっぽいメニューは1段目だけ

 店内のメニューを見ると、ちゃんぽんじゃない方のグルメが沢山、というか、じゃない方がむしろ大半を占めています。

 店名の後半がハットから食堂に変わっただけで、こうもメニューが増えるのか!

 ってか、リンガーハットってそもそもどういう意味なんだろう?

 調べてみたら、リンガーさんのハット(小さな家)という意味だったそうで、小さな家から食堂になったんだから、そりゃー色々出しますよ!ということなんでしょうか。

z