昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ゆで太郎で“最高の晩酌”を! ビール片手に見つけた裏技「たぬき蕎麦の蕎麦抜き」にやられた

締めはのり弁で!?――<じゃない方のグルメ>

2020/12/23

 みなさんこんにちは、小宮山雄飛です。

 毎回、世の有名店の看板メニュー「じゃない方」を食べ歩くグルメコラム<じゃない方のグルメ>。今回は立ち食い蕎麦のゆで太郎。

 僕は昔から蕎麦好きで、気軽に行ける立ち食い店から老舗の有名店まで、日々蕎麦屋巡りをしていて、ゆで太郎にも週に1度は必ず行くほど、ゆで太郎の大ファンなのです!

やって来たのはゆで太郎・西五反田本店。ゆで太郎好きとしては、本店というだけでテンションが上がります!

 なので、今回の取材は超楽しみだったのですが、そこはこの連載ですから、当然ゆで太郎でも蕎麦「じゃない方」を食べないといけない。

 はたして、根っからの蕎麦好きが、ゆで太郎で蕎麦を食べずにいられるか!? どうぞ最後までお楽しみください。

蕎麦にこだわりまくってるお店で食べるのは……

 西五反田本店では、店内から見えるところに製麺室が完備されています。文字通り「挽きたて・打ちたて・茹でたて」を楽しめるのがゆで太郎なのです。

本店はお店の中に製麺室完備。
文字通り「挽きたて・打ちたて・茹でたて」を楽しめるお店。立ち食いだからって侮れないですよ!(立っても食べれますが、席もしっかりあります)
挽きたての蕎麦を見ながら「蕎麦食べたいな……」と指をくわえる筆者。

 今回、そんな蕎麦にこだわりまくっているお店で、あえて食べる「じゃない方」は、ずばり……

 のり弁!!

天丼でもカツ丼でもなく「のり弁」

 なぜ、蕎麦屋でのり弁……。蕎麦じゃない方だけじゃなく、蕎麦屋のご飯モノとしては定番の、天丼やカツ丼やカレー丼でもなく、のり弁。

「僕は普通に、美味しい蕎麦が食べたいんだ!」

 という、めちゃ筋の通った正論をぐっと飲み込んで、今回いただくのり弁がこちら。

これが蕎麦屋の、のり弁だ!

 あれ、店内でもけっこうプッシュされていて、なにやらすごく美味しそう。意外にもこれは期待できそう。