昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“とんこつの名店”一風堂の醤油ラーメンって!? 琥珀色に輝く「博多中華そば」を注文してみた

謎のデザート「マンゴー杏仁NOODLE」も!――<じゃない方のグルメ>

2020/10/01

 みなさんこんにちは、小宮山雄飛です。

 毎回、世の有名店の看板メニュー「じゃない方」を食べ歩くグルメコラム<じゃない方のグルメ>。今回は、国内はもちろん海外にも数多くの店舗がある、とんこつラーメンの名店一風堂。

 一風堂といえばとんこつ!

 真っ白でクリーミーなとんこつスープが魅力ですが、なんと東京は浅草ROXにある一風堂には、ここでしか食べられない醤油ラーメンがあると聞いて、行ってきました!

やって来ました、とんこつラーメンといえば!の一風堂。

「白丸」でも「赤丸」でもない“黒”?

 店内を見ても、みなさんいつも通りの白いとんこつラーメンを食べていますが、本当に一風堂に醤油ラーメンなんてあるんでしょうか?

メニューを開くと、いつも通りのとんこつラーメン。

 一風堂にはベーシックな「白丸」と辛味噌が加わった「赤丸」があって、いつもどちらにするか悩むんですよ。

 しかし、今日は白でも赤でもありません、どこかに“黒”があるはずなのです!

 1枚1枚メニューをめくってみると、そこには。

あった! 博多中華そば。

 ありました、名前は「博多中華そば」。メニューで見てもスープが白く濁ってない、たしかに醤油ラーメンのようです。

「博多中華そばひとつ……」

 しかし今まで一風堂の注文では「赤!」「白!」「麺固め!」しか言ってこなかったのに、「博多中華そばひとつ……」なんて言えるでしょうか、僕。

「はー……」
「かー……」
「たー……」

 ……。

 店員さん「博多中華そばですか?」

 はい、それです。なんとか店員さんの力を借りて注文完了!

 あとは待つのみ。

 で、やって来ました、一風堂の醤油ラーメン!