昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/12/23

その前にまずはツマミで一杯!

 とはいえ、いきなりのり弁を食べるのもつまらない。

 蕎麦屋に来たら、まずはツマミやお酒などいわゆる「蕎麦前(そばまえ)」を楽しむのが粋! ということで、まずはツマミで一杯と行きましょう。

注文は券売機で。う~ん、やっぱり蕎麦食べたいけど……ぐっと我慢して。
ポチ!っと押したのは、激渋メニュー!

 本日の蕎麦前はずばり、焼きのり!

これぞゆで太郎で一番渋い組み合わせ、焼きのりとビール。

 蕎麦前と言っても、今回は蕎麦は食べないですから、正確には「のり弁」の前、つまり、のり前。

 つまり、のり前ののり。

 うーん、なんのこっちゃ。

のり前ののりで、ビールを楽しむ。企画趣旨を知らないで見たら、相当イっちゃってる人です。

 “のり前ののり”で、ビールを楽しむ。かなり変わった人になってますが、老舗の蕎麦屋さんにもツマミに焼きのりはありますから、実は江戸蕎麦の伝統を守っていると言えば、言えなくもない……(微妙)。

安くて豪華な晩酌を楽しむ

 とはいえ、のりだけというのも寂しいので、あれこれと蕎麦前ならぬのり前を注文。

「蕎麦さえ頼まなければルール違反じゃないもんね!」と、あれこれ注文。
天ぷら盛り合わせ。なんとこれで280円!
カレールー200円、ハーフかつ180円。
すっかり豪華になってきたぞ!

 ここでは天ぷら盛り合わせ(280円)、カレールー(200円)、ハーフかつ(180円)をオーダー。立ち食い蕎麦といえば、さっと食べてさっと帰るのが一般的ですが、こうやってトッピング類をツマミにすれば、安くて豪華な晩酌も楽しめるのです。

 立ち食い蕎麦呑み、これは流行りそう。