昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ありがたくて泣けちゃった」“歌謡界の女王”美空ひばりが泥棒に盗まれた“一番大切な指輪”の値段

 美空ひばりを「お嬢さん」と呼び、住み込みでその姿を見守り続けた付き人と息子による鼎談「美空ひばり邸の三婆」(「文藝春秋」2022年9月号)を、一部転載します。

◆◆◆

8畳に川の字で寝ていた「三婆」

加藤 今年は、美空ひばりの生誕85周年。亡くなってから33年になります。お袋は明るい人でしたから、湿っぽくならない話題で、付き人だったお二人と一緒に思い出を語りたいと思います。

美空ひばりさん

 関口範子さんには、お袋の付き人を28年間も務めてもらいました。辻村あさ子さんは、自宅で掃除や料理の担当。僕は幼稚園のときから、毎日お弁当を作ってもらったね。もう1人の付き人だった齋藤千恵子さんは、病院でリハビリ中なので、今日は不在です。

 お袋は、おのり、あさ子、ちーちゃんと呼んでました。3人ともずっと我が家に住み込みで、8畳の部屋で川の字になって寝ていました。お袋が亡くなってからも、この青葉台の家に住み続けている。よく驚かれるけど、もう50年以上経つね。

関口 私は主に、事務的な仕事をしていました。齋藤ちーちゃんは、劇場でお化粧をする準備や片づけをしたり、着付けを手伝ったり。器用だから、手仕事を頼まれることが多かったですね。

辻村 私達三人で「ひばり邸の三婆」と呼ばれています(笑)。

辻村あさ子さん ©文藝春秋

《昭和を代表する歌謡界の女王・美空ひばり。生誕85周年となる今年、誕生日の5月29日に合わせて発売された4枚組のDVDボックス、命日の6月24日にはオーケストラをバックに歌ったCDアルバムが好評を博すなど、いまも人気は衰えない。

 

 関口範子さん(82)は昭和36年から、ひばりさんが亡くなるまで28年にわたって付き人を務めた。辻村あさ子さん(72)は昭和48年から、齋藤千恵子さん(84)も、昭和41年からの付き人だ。

 

 加藤和也さん(51)は、ひばりさんの弟・哲也さんの子として生まれ、7歳のとき養子となった。16歳でひばりプロダクション副社長に就任。翌年から社長となり、現在に至る。》

関口 お母さんの喜美枝さんがひばりさんのことを「お嬢」と呼んでいたので、私たちも「お嬢さん」と呼んでいました。

加藤 3人とも後援会に入ったことが、ウチに来るきっかけでしたね。

関口 私とちーちゃんは、楽屋の雑用をお手伝いしているうち、お母さんから声をかけていただいた。

z