昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「何もない」と言われるのが目標。中日・土田龍空を大きく育てる荒木雅博コーチとの“反省会”

文春野球コラム ペナントレース2022

2022/08/18

「悔しいことが多いです。嬉しいことは次の日には忘れています。とにかく悔しさを晴らしたい、やり返したいと思っています」

 土田龍空はここまでをそう振り返った。近江高校からドラフト3位で入団した2年目内野手は今、スタメンで起用され続けている。

「チャンスを与えてもらっているのに、チームに迷惑をかけてばかりです。得点圏で僕が打っていれば勝てた試合がいくつもありました」

 凡退後、感情が溢れる時がある。

「あれでも抑えている方なんです。バットを投げていいなら、投げたいですし、折っていいなら、その場でへし折りたいくらい悔しいです」

土田龍空 ©時事通信社

「荒木コーチとの反省会が影響している」

 この男の血は熱い。OBの藤井淳志氏は「やんちゃでプロ向きの性格」と話し、スカウト陣は「天才肌で野生児」と評する。土田は爆発寸前の悔しさを次の日の練習にぶつけている。ただ、プロは厳しい。打撃の結果はすぐに出ない。さらに自信のあった守備でもミスが出る。土田に悔しかった守備を聞いた。

「まずは甲子園でライデル(マルティネス)が投げている時に近本(光司)さんに還られたプレーですね」

 7月16日、甲子園の阪神戦。1点リードの9回裏、1死三塁。糸原健斗の放ったゴロは前進守備のショートへ飛んだ。土田は捕球し、バックホーム。しかし、三塁ランナーの近本は間一髪でホームインした。

「送球が一塁側に逸れたのが反省です。あの場面は逸れてもランナーが来る方に投げないと。あと捕球体勢も悪かったので、一発(捕ってすぐ一連の動作)で投げられませんでした。もっと下半身が強くて粘れれば、一発で投げられたと思います。結局、ハーフバウンドで捕ったんですが、理想はショートバウンド。一歩目の反応も課題です」

 8月3日、神宮のヤクルト戦。3回裏、無死一塁で村上宗隆は二遊間へゴロを打った。土田は追い付いたが、ボールが手に付かず、二塁に投げられない。バックトスを試みたが、送球は乱れ、失策となった。

「最初は普通のトスをしようと思ったんです。でも、体が(セカンド方向に)流れて、うまく握れず、バックトスに切り替えたんですが、それでも握れませんでした。これも原因は下半身。もっと粘れれば、体が流れず、ちゃんと送球できたと思います」

 熱い土田だが、プレーの説明は明確で、冷静で、理路整然としていた。なぜか。これには毎試合後に行われる荒木雅博一軍内野守備走塁コーチとの反省会が影響している。1つ1つの動きをゴールデン・グラブ賞6度の名手が丁寧に解説しているのだ。

「本当に勉強になっています。毎日、荒木さんとは基礎練習をしていますが、それが下半身強化にもなるので、甲子園のミスからは本数を増やしてもらっています」

z