昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

黒島がショックを受けたこと

「カムカム」ヒロイン・深津の若き日を彷彿とさせた黒島。ドラマ出演も増え始めた14年6月頃、沖縄を離れ、東京の高校に転入する。15年3月に卒業後、趣味の写真を生かし、日本大学芸術学部写真学科に進学。学業との両立を志したが、18年に大学を中退した。

「当時の黒島さんには『私が女優を名乗っていいんだろうか』という雰囲気がありました。どこか場違いなんじゃないかと思っているように映って、それが好もしかったんです」

「カツベン!」の周防監督、主演の成田凌、黒島

 そう振り返るのは、映画「カツベン!」(19年公開)の周防正行監督だ。無声映画が人気だった大正期の活動弁士をテーマにした同作。100人を超えるヒロインオーディションで、周防氏は黒島にこんな言葉をかけた。

「もし、女優を辞めて他にやることを見つけたら、その時は一報下さい」

長女を演じるのは川口春奈(NHK「ちむどんどん」インスタより)

 そこにはどんな意味を込めていたのか。

「自分の人生を真摯に考えている印象があった。もし違う道に進んだのなら、どういう理由か聞いてみたかったんです。彼女は『はい……』と言っていた。でも、劇中のヒロインも悩みながら女優を目指していく役。黒島さんの悩める姿と重なって起用を決めました。印象的だったのが、活弁の掛け合いのシーンを撮っている時に『大丈夫ですか?』って聞かれたんですね。僕は『大丈夫にするから』と返したらしくて、それが結構ショックだったみたいです(笑)。撮影では苦労もしていたけど、少しずつ階段を昇っていました」(同前)

東京編が5月16日にスタート(NHK「ちむどんどん」インスタより)

“NHKご用達女優”と呼ばれるまでに

 この作品で、黒島は日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。授賞式では「初めて役を通して自分のことを自分で受け入れられたような作品」とスピーチした。

 以降、映画のほか、大河「いだてん」、朝ドラ「スカーレット」などへの出演を重ね、“NHKご用達女優”と呼ばれるまでに。そして、今作で朝ドラヒロインへ上り詰めたのだった。

「『ちむどんどん』を見て、女優を続けることにしたんだなと、嬉しく思っています。彼女はナチュラルなところが魅力的。既に沢山の作品に出ているのに、あまり色がついていないので、どんな役にも飛び込める。朝ドラでの溌剌とした笑顔も素敵ですし、今後どんな役者になっていくか、本当に楽しみです」(同前)

 黒島の将来が「ちむどんどんしてきた〜!」。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー