昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

アメリカ生活を経験した作家・岡田光世が教える、外国人に通じる“ジャパニーズ・イングリッシュ”とは「ネイティブも真似できない」――2022年上半期BEST5

『ニューヨークが教えてくれた “私だけ”の英語  “あなたの英語”だから、価値がある』より #2

2022/08/28

2022年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。国際部門の第5位は、こちら!(初公開日 2022年6月21日)。

*  *  *

 ニューヨークで出会った人々との日々を描いた、『ニューヨークのとけない魔法』をはじめとする「ニューヨークの魔法」シリーズ(文春文庫)で知られる作家・エッセイストの岡田光世さん。

 彼女は青山学院高等部在学中に1年間、米ウィスコンシン州の小さな町に留学していた。さらに青山学院大学在学中に1年間、協定校・米オハイオ州の私立大学に留学し、その後、ニューヨークの私立 New York University 大学院で修士号取得。今や“英語の達人”とも呼ばれている。

 ここでは、岡田さんがどのように英語を学び、留学中の挫折を乗り越えたのかを綴った『ニューヨークが教えてくれた “私だけ”の英語  “あなたの英語”だから、価値がある』から一部を抜粋。長年のアメリカ生活を経験した彼女が感じる、日本文化や日本語の素晴らしさについて紹介する。(全2回の2回目/1回目から続く

英語でコミュニケーションを取る岡田さん (著者提供)

◆◆◆

日本人であるだけで、感動される

「Japan」はまるで、魔法の言葉だ。

 アメリカだけでなく他国を旅していて、「どこから来たのですか」と聞かれて「Japan」と答えると、相手は目を輝かせ、決まりきったように、まずこう反応する。

 Wow! Itʼs my dream to go to Japan.
 うわあ。日本に行くのが、私の夢なんです。

 大げさではない。ヨーロッパでもアジアでもアメリカでも、私自身が何度も経験している。

高校時代の同級生とは今でも仲がいい (著者提供)

 Why? なぜ?

 そう聞くと、日本に行ったことがない人でも、こう答える。

 Japan is a wonderful country. Itʼs safe and clean. Japanese people are very nice and polite.
 日本はすばらしい国だよ。安全で清潔で、日本人は礼儀正しくとてもいい人たちだ。

 たいていの人は、メディアやネットの日本特集や映画、漫画から、日本のことを知る。東日本大震災の時、日本人が耐え忍んだ様子も、広く世界に報道された。

 先日、ニューヨークで出会った、30代後半のガーナ人男性は言う。

 Oh, Iʼve been fascinated with Japan.
 ぼくはもうずっと、日本に魅了されているんだよ。

「9歳の時にテレビで『おしん』を見てから、こんなにすばらしい人たちがいる国に、いつか行ってみたいと思い続けているんだ」

 超ハイテクの国で、いたるところでロボットが活躍し、ロボットと一緒に日々、暮らしていると思っている人も多い。

 アメリカやヨーロッパのスーパーには、寿司ばかりか、枝豆、ひじきなども並んでいる。和菓子や餅も大人気だ。ラーメンやうどん、カツ丼も、箸を使ってふうふう言いながら、食べている。

z