昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《愛知・母子3人殺人事件》「夜になると景色が一変して…」“ぴょんぴょん婆”“トランペット小僧”が出現する“有名心霊スポット”で、またも繰り返された悲劇

genre : ニュース, 社会

 8月9日、愛知県犬山市にある「入鹿池(いるかいけ)」近くで、山林に放置された車の中から幼い2人の子供の変死体が発見され、その後、自宅からは母親の遺体が見つかった事件。その4日後、夫の田中大介容疑者(42)が愛知県警犬山署に出頭し、逮捕された。

 実はこの“真夏の家族殺し”の現場は、日本有数の心霊スポット。妖怪の目撃談が出たり、不審死や事故死が頻発しているという。そんな場所でまたも悲劇が繰り返されてしまった……。

世界かんがい施設遺産である「入鹿池」 ©文藝春秋

◆◆◆

首や腕に深い切り傷を負った容疑者

「入鹿池の赤い橋にいる」

 8月13日午前8時頃、田中容疑者は車を放置した場所から約2.5キロ離れた入鹿池に掛かる入鹿大橋で親族に電話をかけ、親族に付き添われて愛知県警犬山署に出頭した。

田中容疑者が電話をかけた赤い橋 ©文藝春秋

 野宿などをして過ごしていたとみられ、橋の下には焚き火の跡や自ら切ったであろう頭髪などが散乱していた。田中容疑者の首や腕には深い切り傷があり、「自分で傷つけた」と話しており、犯行後に自殺を図ったとみられる。

田中容疑者が自分で切ったとみられる髪の毛 ©文藝春秋

「犬山署は8月13日、妻の田中智子さん(42)を殺害した容疑で、愛知県扶桑町に住む自称自営業の田中容疑者を逮捕しました。事件が発覚したのは、自宅から約10キロ離れた犬山市八曽の山林に止められていた車の中から田中容疑者の長女で小学4年生の千結(ちゆ)ちゃん(9)と長男で小学1年生の十楽(とら)くん(6)の遺体が発見されたことがきっかけです」(全国紙社会部記者)

「妻と口論になり、カッとなって殺した」

 9日の午後5時頃、「車が崖から転落しそうになっている」との通報を受けて警察が駆けつけると、車1台がようやく通れるくらいの山道で、ワンボックスが右前輪を崖に脱輪した状態で止まっていた。エンジンはかかったままで、2列目の座席の足元から折り重なった長女と長男の遺体が見つかったという。

車が見つかった場所 ©文藝春秋

 遺体発見現場に田中容疑者の姿はなく、警察が同日深夜に扶桑町の自宅を捜索すると、2階の部屋で布団がかけられ横たわった妻の智子さんの遺体が見つかった。

「司法解剖の結果、千結ちゃんは胸を刺されたため死亡、智子さんと十楽くんの死因は首を絞められたことによる窒息死でした。田中容疑者は取り調べに対して『妻と口論になり、カッとなって殺した』と供述し、容疑を認めている。また、2人の子供の殺害についても関与をほのめかしていて、妻を殺害後に子供を連れて車で山林へ向かったとみられています。田中容疑者は8月14日に送検されました」(同前)

送検のため犬山署を出る田中容疑者 ©共同通信
z