昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/08/23

genre : エンタメ, 芸能

堀ちえみとファンを繋いだ“偶然の連続”

 闘病生活から復帰を果たした、堀ちえみの現夫も元々彼女の大ファンだったという一般人男性だ。

「彼女自身は、医師、出版関係者、そしていまの夫と3度目の結婚をしたのが2011年12月のことです。それまでの結婚で5人の子どもがおり、もう結婚はコリゴリだと思っていたそうですが、ふたりのお子さんがいるシングルファーザーとご縁があった。

掘ちえみのブログより

 当時住んでいた大阪の路上で、『ファンです。お見かけ出来て光栄です』と声をかけられたのが最初で、数カ月後にはまた偶然に飛行機が一緒になったといいます。そしてまた数カ月後に今度は都内でバッタリ遭遇し、流れでマネージャーも一緒に飲みに行き、気持ちが盛り上がったそうです」(同前)

 偶然の出会いを重ね、合わせて7人の子どもを持つ大家族となった。

推し芸人バカリズムに猛アタックをかけたアイドル

 2019年12月に結婚した、芸人バカリズムも推し結婚パターンだ。お相手は元「でんぱ組.inc」の夢眠ねむ(現在は芸能活動引退)。

夢眠ねむ

「彼女は元々芸人・バカリズムのファンでした。あるとき仕事でようやく出会えて、その後グループで食事に行くところまでは辿り着いたんです。かなり積極的に彼女から『付き合いたい』と伝えていたけれど、アイドル番組をやっていたバカリズムは『アイドルと付き合う気がない』、と。

バカリズム

『交際まで4年、結婚までさらに3年かかった』とバカリズム本人もテレビで言っていましたが、その長期間マスコミにバレなかったことも驚きでした」(同前)

 芸能活動は引退した夢眠は、いま下北沢で「夢眠書店」を経営している。

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でも活躍中の、俳優・山本耕史もここに挙げていいだろう。2015年に、堀北真希と「交際0日婚」をして世間を驚かせた。