昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「母と弟を殺すため予行練習」渋谷で親子刺傷 15歳少女に何が…知人が語る家庭の様子「勉強ができて手伝いも」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 教育

 

8月22日午後4時、会見を開いた埼玉県の戸田市教育委員会。会場には多くの報道陣が詰めかけた。

戸田市 戸ヶ崎勤教育長:
この度は、本市に在籍の中学生がこのように大きな事件を起こしたことに対して、大変重く受けとめているところでございます。

 

夏休み中の中学3年生、15歳の少女による殺人未遂事件。少女は「死刑になりたいと思ったので、たまたま見つけた女性2人をナイフで刺して殺そうとした」と供述している。

背後から母娘に近づき、包丁で襲いかかる

事件は、20日午後7時半ごろ、東京都渋谷区の神泉駅前で起きた。

 

人通りのない道を傘を差しながら、母と娘の2人が歩いている。

 

その跡をつける少女の姿。徐々に距離を詰め、ぴったりと背後に近づく様子も確認できる。事件はこの直後に起きた。

 

被害者母親:
大丈夫?どこ刺されたの?

 

目撃者:
警察呼んでください、ナイフ持っているので。

 

発生直後の映像には、包丁で襲いかかった少女を母親と助けに入った男性が取り押さえる様子が残されていた。男性の手には少女から取り上げた包丁が確認できる。

 

男性は包丁をすぐに投げ捨て、少女から遠ざけた。

 

背後から襲われたのは、杉並区に住む53歳の母親と19歳の娘だった。包丁で数カ所を刺され、2人とも重傷。中学3年の少女は現行犯で逮捕された。

「母親の嫌いな癖に似てきた」 家庭の様子は

少女が取り押さえられた直後に撮影された写真では、男性にがっしりと腕を押さえられ、その横では刺されて横たわる19歳の娘に寄り添う母親の姿があった。

少女は男性にがっしりと腕を押さえられている

その時、少女は居合わせた女性にこう聞いたという。

現場に居合わせた女性:
私に聞いてきて。「あの子死んだ?」って言ったんですよ。

 

少女の身柄は22日午前、検察へと送られた。少女は動機について「機嫌が悪くなるとすぐに態度に出る、母親の嫌いな癖に自分が似てきたので、母を殺そうと思った。予行練習のために2人を刺した」と話している。

 

少女を知る人は、少女の家庭の様子について「勉強できる子みたいですよ。いつもお母さんの手伝いをしていたり、そういうのを見かけていた。家族で一緒にご飯たべたり、仲良いですよ。普通の家族」と話す。

z