昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 あとは、いきなり1人で全てやらなければいけないプレッシャーや申し訳なさ、「本当に自分でいいのかな」という不安もあって。フィンランドに移住する前に勤めていた会社では、10年間で2回しかオフィスで泣いたことがなかったのに、レストランではもう3回も泣きました。

 オープン前に泣きながらお寿司を巻くみたいな時期もあったんですが、今はもう慣れて「どんとこい」って感じで働けています。カオスの1カ月目があったおかげなので、今では感謝しているんですけど、やっぱり大変でしたね。

――メニューはやっぱり日本と違うのでしょうか。

chika そうですね。学校で習った20種類の中には入っていなかった、小ザメみたいな見た目の魚をさばけって言われたときは、どうしたらいいかわかりませんでした。

 ただ、ハーブを使ったお寿司など、フィンランドで進化したメニューを教えていただくのはすごく面白いですね。日本のお寿司をフィンランドで作るだけではなくて、北欧らしいお寿司を知りたいし作りたいと思っていたので。

『北欧こじらせ日記 移住決定編』(世界文化社)より

 お客さんが「美味しかった。あなたがフィンランドで寿司シェフになってくれて嬉しい。来てくれてありがとう」って言ってくれたときは、すごく嬉しかったです。ずっと「フィンランドに来たい」と思っていた気持ちが、その言葉によって実った気がして。

 それから、「サインください」って言われることもあって、寿司職人としてリスペクトしてもらえる環境に驚きました。

――素敵です。お客さんからいろいろ言葉をかけてもらえるんですね。

chika 私のボスに対してお客さんが「あなたはこのキッチンにダイバーシティを作ったんですね」と話されていたのも印象的でした。女性もいて、国際色豊かなキッチンという意味で。その1つになれたのが、とても嬉しかったです。

まだ1回も給料をもらえていない?

――念願のフィンランドでの生活はどうですか。大変なことなどはありませんか。

chika 実は、もう4カ月働いているんですけど、まだ1回も給料をもらえていないんです。

――え!? 4カ月で1回も?