昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「入籍発表の翌日に浮気が発覚。週刊誌に載ると、私も事務所から怒られた」川崎希(35)が語る、アレク(39)との強烈な結婚生活

川崎希・アレクサンダー夫妻インタビュー#3

2022/09/03

 AKB48の元メンバーで、現在は実業家として活躍する川崎希さん(35)とモデルのアレクサンダーさん(39)。2人は2013年に結婚し、子育ての様子をYouTubeで配信している。

 結婚当初からアレクさんの「浮気癖」や「ヒモ」ぶりを赤裸々に話している2人に、浮気騒動の真相やSNSで繰り広げられる夫婦喧嘩について話を聞いた。(全3回の3回目/最初から読む

アレクサンダーさんと川崎希さん

◆ ◆ ◆

――アレクさんは入籍発表翌日に浮気するなど度々世間を賑わせていますが、川崎さんはそこはもう受け入れていらっしゃるのでしょうか。

アレク 結構直ってるけどね。

川崎 いや、減ったけど直ってない。

アレク 浮気をゼロにしろって、それ、誰も約束できなくない?

――悪魔の証明みたいな。

アレク そうそう。

川崎 それにしても脇が甘すぎるんですよ。私のパソコンでFacebookにログインして女の子とやり取りしていたり、ちょっとした証拠を残すんです。ジムって言わないと出かけられないから、「ちょっとジム行ってくる」って言って浮気することが多いんですけど、ジムに行ったはずなのに帰ってきたら顔に微粒子のラメいっぱい付けてる。

 出会い系もやってたよね。一度週刊誌に報じられるまでは元気にやってたんですけど、報じられてから女の子が怖くなったみたいです。「まさかチクるとは思わなかった」みたいな。

アレク ハメられました。

川崎 そういう感じでちょこちょこバレて、私にキレられるっていうのがいつものパターンだよね。

アレク でも、全部昔の話ですよ。今は反省しています。

相手と深い関係じゃなければ、散歩に行ったみたいな感じ

――ちょこちょこありつつ、それが理由で離婚にはつながらないんですね。

川崎 私の中では浮気をちっちゃなことにしていて。浮気をしたら別れる、というような致命的な問題じゃないんです。もちろん嫌だし肯定はしてません。でも、子どもの世話をしないことのほうが問題。

 

――浮気をNG項目の下のほうに置いておけるのはなぜなんでしょう。

川崎 相手と深い関係じゃなければ、散歩に行ったみたいな感じだと解釈してて。それよりも育児をしないとか、家事をやらないとか、そっちの方が許せないんです。まあでも、浮気した時は怒るけどね。

アレク めちゃくちゃ怒るんですよ!

川崎 テレビに出るようになってから、アレクの浮気に私が対処しなきゃいけなくなっちゃったんですよ。週刊誌に載ると、私が事務所に行って、私もちょっと怒られて。浮気された側なのに。

――ブログやSNSでも、そうしたケンカを公にされていますね。

z