昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「AIとCGで“人間っぽい”ものを作るだけではつまらない」ヴァーチャルアーティスト・KOEが生まれるまで

 9月9日に公開された菅田将暉、原田美枝子主演の感動作『百花』。映画の公開に先駆けヴァーチャルアーティスト・KOEによる主題歌「Hello, I am KOE」が収録されたデビューEPとオリジナルサウンドトラック、さらにはKOEのデビューEP、サウンドトラックとオリジナルカバー仕様となった単行本がセットとなった生産限定BOX『百花-Complete Edition』が9月7日にリリースされた。

『百花 -Complete Edition-』に封入されたブックレットより、原作者でもある川村元気監督とサウンドトラックを担当した網守将平氏、KOEのプロデューサーを務めたYaffle氏の特別鼎談の一部を、KOEのデビューを記念して文春オンラインで紹介する。

映画「百花」より_Ⓒ2022「百花」製作委員会

主題歌「Hello, I am KOE」はなかなかアイデアがまとまらず

――KOEというキャラクターが完成するまで、1年以上の時間を要したそうですね。

川村 世界中からさまざまなアーティストの顔を集めてモンタージュを作成し、どういうヴィジュアルだったら日本の音楽レーベルから発表して違和感がないかを模索していました。音楽に関しては、Yaffleさんに一任しました。劇中音楽を依頼した網守将平さんには、1曲に対して20テイク以上やり直しをお願いしてしまいましたが(笑)。

ヴァーチャルアーティスト・KOE

Yaffle 主題歌の「Hello, I am KOE」は、締切を過ぎてもなかなかアイデアがまとまらず、ほかの楽曲はとっくに出来上がっているんだろうなと思いながら、作業していました……。初めは「機械」を主軸にして作っていたのですが、ちょっと違うという話をいただき、エレクトロニカと人間の関わり合いが、現在はどう変化しているのかを考えながら制作しました。網守さんがだいぶ苦労されているというお話を伺っていたので、どうなるか心配でしたが、すぐにオッケーをいただいて、胸をなでおろしましたね(苦笑)。

z