昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/09/14

 67年に電通に入った兄が配属されたのは大阪支社の新聞雑誌局だった。3年後に開催される大阪万博関連の仕事で、和歌山県選出の山口喜久一郎衆院議員の秘書だった中西啓介氏と知り合ったとされる。のちに中西氏は衆院議員となり、高橋の弟、治則氏と刎頸の友となるが、最初の出会いは兄の方だった。

 高橋氏がスポーツ事業で頭角を現したのは、サッカー界の英雄ペレの引退試合を成功させた77年だ。

ペレの引退試合は国立競技場が超満員となる大成功を収める

 ノンフィクション作家の田崎健太氏の著書『電通とFIFA』には、その時の様子がこう描かれている。

〈ペレの引退試合の話を耳にした高橋は「自分に任せてくれれば必ず成功させる」と手を挙げたという〉

 結果、ペレの引退試合は国立競技場が超満員となる大成功を収める。噂を聞きつけたサッカーのワールドユース大会のスポンサーだったコカ・コーラ社が高橋氏を直々に指名。その後、日本で開催されるワールドユース大会の事務総長として来日したのが、ブラッターだった。彼はサッカー界に君臨するFIFA会長、アベランジェの側近であり、自身ものちにFIFAの会長に就任している。高橋氏はスポーツ界の中枢に繋がる鉱脈を引き当てたのだ。

 高橋氏が、ペレの引退試合を成功させた年、弟の治則氏は日本航空を辞め、電子部品を輸入販売していた「イ・アイ・イ」(EIE)に入社する。日本教育テレビ(現テレビ朝日)の取締役だった高橋兄弟の父、義治氏が、EIEの再建を頼まれ、社長に就任。治則氏は副社長として実業の世界に足を踏み入れた。

安倍晋太郎との蜜月ぶり

 治則氏は、日本航空時代に“北海道の政商”と呼ばれた北海道テレビの創業社長、岩澤靖の次女と結婚。結婚披露宴には後に首相に就任する三木武夫や福田赳夫ら大物が挙って出席し、政治家志望だった彼は次第に政界に人脈を伸ばしていく。

 EIEは、円高の追い風に乗り、危機を乗り切り、業績は上向き始めた。そして治則氏は、その手腕を見込まれ、82年に協和信用組合(※)の立て直しを依頼されるのだ。

 彼はそれまで培った人脈を駆使して瞬く間に10億を超える預金を集めてみせた。その中には田中角栄の金庫番で、「越山会の女王」と呼ばれた佐藤昭子の名前もあった。佐藤の元には前述した中西啓介氏が頻繁に通っており、中西を通じて治則氏も出入りするようになったという。当時、自民党の実力者だった小沢一郎衆院議員とも佐藤を通じて近しくなった。

 その頃、治則氏と同じマンションに住み、のちに事業で深く関わった山口敏夫元衆院議員が語る。

z