昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

任天堂の新作『スプラトゥーン3』が爆発的に売れまくっている決定的な“4つの理由”

日本で最も売れたゲームソフト記録更新の可能性も

2022/09/15

 2022年9月9日に発売されたNintendo Switch向けソフト『スプラトゥーン3』がとんでもない売上を記録している。任天堂の発表によると、発売後3日間で日本国内の売上が345万本を越えているというのだ(販売本数はパッケージ版とDL版の合算)。

 これはNintendo Switch向けソフトの発売後3日間の国内販売本数として、過去最高の記録となる。つまり、世界で最も売れているNintendo Switch向けソフト『マリオカート8 デラックス』(初週売上:推定約28万本/DL版含まず)や、説明不要の大ヒット作『あつまれ どうぶつの森』(初週売上:推定約188万本/DL版含まず)すらも超える出だしというわけだ。

 そもそも多くのヒット作を生み出す任天堂が、わざわざ販売本数に関するプレスリリースを出していること自体が異例である。「スプラトゥーン」シリーズはもともと人気のあるタイトルだったが、最新作はかなり多くの人に行き届いており、国内で大きなムーブメントとなる可能性もあるわけだ。

 しかし、なぜ『スプラトゥーン3』になっていきなり火がついたのだろうか。この記事では、その理由を4つの要素で解説する。

 

理由1:ゲームハードの普及

「スプラトゥーン」シリーズの初代作品はWii Uで発売されたが、売上はそこまで振るわなかった。発売から約1ヶ月で世界累計販売本数が100万本を突破し、最終的には全世界で495万本を記録している。

 新規タイトルであることを考えるとこれでも十分に健闘しているが、そもそもWii Uがあまり売れていない問題があった。Wii Uは全世界の累計販売台数が1356万台にとどまっており、どれだけおもしろいゲームであったとしても爆発的には流行りようがなかったのである。

Wii U。画像は任天堂公式サイトより

 続編となる『スプラトゥーン2』もまたゲーム機に関連する問題があった。本作は2017年7月21日に発売されたのだが、そのころはNintendo Switchが発売されてまだ4ヶ月ほど。かつ、品薄状態になっていたのでまだNintendo Switchが普及しきっていなかった。

『スプラトゥーン2』自体は最終的に国内で500万本、全世界累計で1330万本を超えるヒット作になったわけだが、発売直後の大きな盛り上がりをうまく利用しきれなかったのも否定できない。

Nintendo Switch。画像は任天堂公式サイトより

 そして、『スプラトゥーン3』は2022年9月9日発売である。Nintendo Switchは2022年6月末時点で1億1108万台を突破しており、まさしく機が熟した状況にあった。

 前述のように「スプラトゥーン」シリーズは作品を重ねるごとに着実な人気を得てきていた。そのうえ普及しきったであろうNintendo Switchで新作が出たわけで、爆発的なヒットに繋がる環境が整っていたというわけだ。

z