昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022年、優勝戦線を吉田正尚と共に戦えるオリックスファンの幸福な毎日

文春野球コラム ペナントレース2022

2022/09/22

全試合出場中はチームが不振 昨年の優勝争い中は吉田が離脱

 9月17日・18日・19日の対ソフトバンク3連戦は全オリックスファンの記憶に長く刻まれるであろう壮絶な3試合となった。

 第1戦。山本由伸の異次元エースっぷりにただただ脱帽。

 第2戦。宮城、宇田川、颯一郎、阿部、ワゲスパック、日本最強の投手陣につくづく感嘆。

 そして第3戦。勝てば逆転優勝への挑戦権が復活する大一番。序盤は前日までの勢いそのままに吉田正尚の先制ツーランなどで4点のリードを奪う。しかし見えない重圧は名手の手元を狂わせナインの平常心をも喪失させ致命的ミスを連発。あっという間に逆転を許し4対5。何せ敵は最近20年間の日本プロ野球界絶対王者、あのソフトバンクホークスだ。

 昨年は大スランプだったものの今年はホークスらしい野球を取り戻し、大切な試合をことごとくモノにして首位に君臨。

 そして迎えたこのオリックスとの天王山。本気のホークスナインの「凄み」はテレビ画面越しにもビンビンに伝わってきた。その「本気の王者」を相手に互角の戦いを繰り広げ2連勝しただけでも感無量ではあるのだがこの壁を越えなくては連覇はないのだ。だが、元々得点力不足に苦しむオリックスはあっという間に追い詰められ最終回。しかもマウンド上には絶対的守護神モイネロ。走者二人を出すもツーアウト。絶体絶命。

 しかし2022年の我らがオリックス打線には吉田正尚がいる。そう、吉田正尚がいるのだ。

 吉田正尚は入団2年目の2017年までは腰痛に苦しんだものの翌2018年からは3年連続全試合出場を続けてきたオリックスの絶対的主砲であり、暗黒期のオリックス貧打線の中で孤軍奮闘する姿は「吉田個人軍」などと揶揄されてきた。その間、チーム成績も振るわず全試合出場の3年間は4位・6位・6位。

 そんなオリックスに稀代の名将・中嶋聡がやってくるやチームは一変。2021年には悲願のリーグ優勝を成し遂げるのだが、最終盤のロッテとの激烈な優勝争いに吉田正尚は加わることが出来なかった。死球による骨折などにより2度に渡る長期離脱を余儀なくされたからだ。

 その間、チームはベンチに背番号34のユニフォームを飾り、福田、宗、ラオウ、T-岡田、安達、紅林、モヤ、ジョーンズら野手全員で吉田正尚の穴をカバーして優勝を掴み取った。

z