昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「巨人坂本選手のネタ、取り扱いNGです」ワイドショー制作陣に流れた“忖度チャット”入手「巨人の広報部は百戦錬磨ですから…」

「文春に出てた巨人坂本選手のネタ、取り扱いNGです。巨人からこれを扱ったら、長嶋さん関連の情報を渡さないとなっているそうです…」

 このメッセージは、全国ネットで放送されているあるワイドショーのスタッフが、全員が共有するグループチャットに流したものだ。「巨人坂本選手のネタ」とは、9月10日に文春オンラインが報じたプロ野球の坂本勇人選手と一般女性A子さんの中絶トラブルのことである。

 この件については、今年8月に性加害スキャンダルが週刊新潮で報じられた俳優の香川照之の記事の「後追い」報道が各テレビ局のワイドショーやスポーツ紙を賑わせたのに対して、全テレビ局、全大手紙が「沈黙」を保っており、SNSなどでは「プロ野球選手の不祥事にはメディアの忖度が激しいな」などと批判が集まっている。

 今回文春オンラインが入手したチャットのメッセージはそうした大手メディアの「忖度」が常態化している実態を表したものと言えるだろう――。

坂本勇人 ©Getty Images

妊娠中のA子さんに対して「中出しし放題だもん」

 文春オンラインは9月10日に、坂本勇人選手と数年にわたって関係があった一般女性A子さんの親友による「告発」を報じた。

 A子さんは友人に誘われた飲み会で坂本と出会い、月に1~2回坂本の自宅で逢瀬を重ねる関係になった。出会った当初はA子さんは坂本と良好な関係を保ち、A子さんも親友にのろけ話を聞かせていたという。

坂本選手とA子さんのLINEトーク(A子さんの親友提供)

 しかし次第に坂本のA子さんに対する扱いはぞんざいになり、深夜の呼び出しや避妊具を付けない性交などの過剰な性的要求をするようになった。A子さんはアフターピルを服用して自衛策をはかっていたがついに妊娠してしまう。生みたいと主張するA子さんに坂本は中絶を要求し、「おろすならおろすで早い方がいいやろ?」などの言葉をかけた。

 A子さんは精神的に追い込まれ、自殺未遂するという事態まで発生してしまった。妊娠中のA子さんに対しても「中出しし放題だもん」と性行為を求めるなど、坂本のあまりにも自分本位過ぎる言動は驚くべきものだった。一連の言動は単にプライベートで起きた男女間のトラブルというよりも、女性の尊厳を踏みにじるものであり、人気プロ野球選手の「品格」が問われるものだった。

z