昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「2ちゃんねるに『アナウンス力がない』と書かれて落ち込んだ」元テレ朝・竹内由恵(36)が明かす局アナ時代の“知られざる苦悩”

竹内由恵さんインタビュー #1

2022/09/25

 元テレビ朝日アナウンサーの竹内由恵さん(36)。現在はタレントとしてバラエティ番組を中心に活躍している。ニッポン放送のPodcast番組『竹内由恵のT-Times』では、パーソナリティにも挑戦中だ。

 竹内さんは、2008年から2013年までの5年間、国民的音楽番組『ミュージックステーション』のサブMCを担当していた。彼女の担当期間は、同番組史上最長と言われている。そんな竹内さんに、『ミュージックステーション』の思い出や、アナウンサー時代の話を詳しく聞いた。(全2回の1回目/2回目に続く

竹内由恵さん ©釜谷洋史/文藝春秋

◆◆◆

『ミュージックステーション』の本番中は心臓がバクバクしていた

――2008年、入社1年目で『ミュージックステーション』のサブMCに抜擢されたときは、大きな話題になりました。

竹内由恵さん(以下、竹内) 『ミュージックステーション』のサブMCは、4~5年に1回の頻度で替わるんですよ。私が入社したときはちょうどそのタイミングで、「今年は“代替わり”があるかもしれない」と社内で噂になっていたんです。

 私もその噂を耳にして、「もし自分が担当になれたら夢みたいだ」とワクワクしていました。アナウンサーになるまであまりテレビを見てなかったんですけど、『ミュージックステーション』は好きでした。

 そして実際にお話をいただいたときは、天にも昇る気持ちでした。そのときのことは、今でも鮮明に覚えています。

 

――入社1年目で人気番組を任されるのは、緊張しなかったですか?

竹内 最初の2年くらいは、ずっと緊張していました。11年間のアナウンサー生活でいろいろな番組を担当させていただきましたけど、『ミュージックステーション』には特別な緊張感があったんです。

 日本を代表するアーティストの方々が本番前の楽屋で発声練習したりしていて、皆さんの“本気度”が直に伝わってくる。現場のスタッフを含めた全員が「100点の放送にするぞ」と思って作り上げている番組だから、常に「私なんかがミスをしてはいけない」という気持ちがありました。

 オープニング曲が流れて、カメラがタモリさんと私に寄る瞬間は、毎回心臓がバクバクしていましたね。

――緊張しすぎて、本番中に浜崎あゆみさんの名前が出てこなかった経験があるそうですね。