昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「選手からのお誘いは全部無視していい」内田恭子(45)が『すぽると!』直前に先輩からもらったアドバイス

内田恭子さんインタビュー#1

2022/05/07

 2016年まで15年間にわたって放送されたフジテレビのスポーツ番組『すぽると!』。あらゆるジャンルのスポーツを生放送で毎日取り上げるスタイルは、多くのスポーツファンに受け入れられた。

 放送開始から20年が過ぎたいま、初代キャスターでフリーアナウンサーの内田恭子さんに当時の思い出を聞いた。

◆◆◆

 

――2001年にはじまった『すぽると!』の初代女性アナウンサーを務められたのが内田さんでした。最初に番組の話を聞いたときのことを覚えていますか。

内田恭子さん(以降、内田) 入社3年目のときに担当することになったのですが、2年目のときに『サッカー小僧』という深夜のサッカー番組を担当していて、すでにスポーツの世界に片足を踏み入れていました。

『すぽると!』の話をどんな風に振られたのかはちょっとあやふやな記憶ですが、『プロ野球ニュース』の後継番組として、野球やサッカー、格闘技までさまざまなスポーツを報道する新番組が始まります、といったかたちで話を聞いたのがはじめだったような気がします。

――『プロ野球ニュース』の後にはじまるスポーツの帯番組というと、プレッシャーも大きかったのではないでしょうか。

内田 それが、スポーツを知らなすぎたがゆえに、驚くほど恐れがなかったんです。私のスポーツ知識は「サッカーって何人でやるんですか?」レベルでした。