昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/09/21

genre : ニュース, 社会

「まゆの声聞けてぐっすり眠れそうです」

 だが、その希望が宮本被告に届くことはなかった。その日の夜、宮本被告はこうLINEのメッセージを送っている。

《まゆにはかなわないな。ほんと魔法使いだね。(中略)まゆの声聞けてぐっすり眠れそうです。ありがとうね》

 そして4日後の6月11日、つまり稲田さんが殺害された日も、宮本被告は客として「ごまちゃん」を訪れたことがわかっている。

亡くなった稲田さん 遺族提供

 その日、宮本被告は21時頃に会計を済ませると、見送りに出た稲田さんとツーショット写真を撮った。その後エレベーターに乗って一度は1階に降りたが、ビルのらせん階段に身を隠して稲田さんがひとりになるのを待ち、アルバイト店員が退店したのを見計らって再び店内に戻り、稲田さんを殺害したと見られている。

亡くなった稲田さんと、店を訪れた宮本被告 遺族提供

 事件から1週間後の6月18日に逮捕された宮本被告は、大阪府警の取り調べに対して「店には行ったがやっていない」と話したのみで、以後は黙秘を続けている。そして初公判でも「いかなる質問にも答えない」と異例の宣言をした。

 事件の真相が解明される日は来るのだろうか。

この記事の写真(10枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z