文春オンライン

2022/10/01

genre : ライフ, 社会

 カーシェアは一般的に、返却された車をすぐさま貸し出すのではなく、忘れ物などを取りに戻れるよう数十分程度の猶予を設けているため、状況によっては自力で回収できる可能性もある。この場合は費用負担が生じないが、自力回収できない場合には休業補償が発生する仕組みになっているのだ。カーシェアを使う際は、降車時の忘れ物確認を徹底するようにしたい。

子どもの嘔吐で15万円

 レンタカーやカーシェアにおいては、万が一のための保険プランが用意されている。しかし注意したいのは、保険において補償対象となるのが「交通事故」に限られ、事故に起因しない「故障」や「汚損」についての費用は基本的に借主が負担することになる、という点である。

 このことが落とし穴となり、Gさんはクリーニング代として思わぬ高額費用を負担することになった。

「利用中に子どもが嘔吐し、シートとマットの一部を汚してしまいました。できる限り掃除し、カーシェアの会社にも報告して、その際『休業補償とクリーニング代を負担してもらうことになる』という旨を告げられました。

 保険が利かないことは知っていましたが、クリーニングはせいぜい数千円と思っていたところ、15万円近い請求が来て驚きました」

 シートについた吐瀉物を処理するには多くの手間がかかり、一度車両からシートを取り外す作業が必要になることも少なくない。相場からすれば10万円超えの請求は法外なものではないし、カーシェアはもちろん一般的なレンタカーにおいても同様に対処されると考えられる。

乗車時の「異臭」はすぐに報告

 その他、クリーニング費用が発生しうる汚損として、代表的なものに喫煙やペットの乗車が挙げられる。とくにペット乗車は、多くの事業者によって禁じられているけれども、SNS上では動物病院やその他ペット施設の駐車場にカーシェア車両が停まっている例がしばしば報告されている。そもそも禁止されていること自体、認識されていない場合もありそうだ。