昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「俺の人生に貯金した過去なんかない。印税の1100万円も3カ月で…」ビッグダディが明かす、これまでの懐事情と8年間の大恋愛

ビッグダディインタビュー#3

2022/10/15

 借金返済中ながらも、食堂オープンを夢見て修行に明け暮れているビッグダディ(57)。他方ではこの春、8年も付き合っていた一般女性の恋人と破局したばかり。公私共に忙しいダディに、恋愛観や家族観、そして現在の懐事情について聞いてみた。(全3回の3回目/最初から読む)

ビッグダディこと林下清志さん(57)

 ◆◆◆

8年付き合った彼女にフラれたワケ

――この3月、8年付き合っていた彼女との破局が伝えられました。現在もフリーのままですか?

林下 そうですね。人生で初めてですよ、半年も相手がいないのは。これまではだいたい、昨日誰かと別れたら、今日にはもう他の誰かを口説いていましたから。

――そうせずにフリーでいるのは、修行中の身だからですか?

林下 いや、修行中だからというより、まだ前の彼女との余韻を楽しんでいるんですよ。未練は一切ないんだけど、たまに「あの時のあいつ、可愛かったなあ」とか、「あの時の一言はたまらなかったなあ」と、思い出して反芻しているんです。8年も付き合っていたので、ネタはたくさんありますから(笑)。

 

――それほど愛していた女性と、なぜお別れすることになったのでしょうか。

林下 彼女が子どものことなどで忙しくしていた時期に、俺もちょうど勤めていたステーキハウスが閉店して慌ただしくなり、「2~3カ月は会うのを我慢しよう」と話していたんです。

 そうしたら、たまたまその間に彼女が俺の配信(※「ふわっち」によるライブ配信)を聴いたらしく、俺が下品な言葉を言っているのを目の当たりにしてしまって……。精神的に追い込まれていたタイミングでその発言を耳にしたものだから、「気持ちがぶつっと切れた」と言われました。まあそれはそうだろうなと、納得せざるを得なかったですね。

――そこはすがることなく、すんなり受け入れるんですね。