文春オンライン

《発売から46年》「まさかこんなロングセラーになるとは…」今や“国民的おやつ”のハッピーターンが予想外の大ヒットを果たした秘密

「ハッピーターン」の魅力に迫る! #1

2022/10/29

世代を超えて受け継がれる“国民的おやつ”に

――お客様の要望のハードルがどんどん上がって、250%以上を求める声も出てきそうですよね。

 250%以上は難しいかもしれません。そもそもお煎餅に付着するパウダー量に限界があるので、一定量を超えるとパウダーが付着しなくなって、食べているときにポロポロとこぼれてしまうのです。それにこれ以上やると「どこまでパウダー増量を追求するんだ?」というお声も聞こえてきそうですし(笑)。

コンビニエンスストア限定で販売しているパウダー250%タイプ(写真提供=亀田製菓株式会社)

――そうした変わり種も含めて、「ハッピーターン」シリーズはもはや“国民的おやつ”として世間に認識されているように思います。

ADVERTISEMENT

 ハッピーターンの購入層は「お子様を持つ家族世帯」が軸になっています。子どもの頃ハッピーターンに親しまれた方が、大人になって子どもが生まれて親となることで、今度は親子で食べていただけるようになる、ということが多いです。実際に、お客様への調査や直接寄せられるご意見などでも、こうした声をいただいていることから、世代を超えて受け継がれていってるのだなと感じます。

SNSを中心に美味しい食べ方なども発信

――商品を大きくPRしたり、イメージキャラクターに依存したりしなくても認知度が高い印象です。積極的にPR活動はしていないのですか?

 実は時々PRをしているんです。リニューアルのタイミングなど、お客様にお伝えしたいことがある時にはCMを流して宣伝をしています。

 また昨今は、SNSを中心に美味しい食べ方なども発信しています。お客様からの反応も楽しく、工夫を凝らした食べ方をしている人がいて、ブランド担当者としても新たな発見を得る日々です。

ハッピーターンのイメージキャラクター「ターン王子」も人気だ

――百貨店とのタッグを組んだ商品発売もしているそうですが。

 阪急百貨店様とのお取り組みで、和洋さまざまなフレーバーを楽しめる「ハッピーターンズ」というショップを展開しています。そのショップでは、スーパーやコンビニエンスストアで販売している通常の商品とは違う、ちょっと特別な味わいの商品開発に挑戦していますね。

 2012年から阪急うめだ本店に専門店を出店し、現在は神戸阪急、博多阪急、阪急オンラインショッピングでも販売中です。新たなPRの一環として、こうした取り組みも今後さらに展開していきたいです。

撮影=佐藤亘/文藝春秋

《発売から46年》「まさかこんなロングセラーになるとは…」今や“国民的おやつ”のハッピーターンが予想外の大ヒットを果たした秘密

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事