昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「人間のクズ」と叱責か 堀池巧・順天堂大サッカー部監督のパワハラ疑惑を大学が調査

 大学サッカー界の名門・順天堂大学蹴球部(サッカー部)の堀池巧監督(57)がパワハラをしているとの訴えが選手たちから上がり、大学側が調査に乗り出していることが「週刊文春」の取材でわかった。現在、堀池氏は試合の指揮などの監督の職務から外れている。

元日本代表DFの元で起こった異常事態

 関東大学サッカーリーグ1部に所属する順大サッカー部は、数多くのプロサッカー選手を輩出した名門だ。

「過去に全日本大学サッカー選手権大会で3度優勝している。“天才レフティ”名波浩や、現在スコットランドのセルティックで活躍する旗手(はたて)怜央など日本代表も多い」(スポーツ紙記者)

右サイドバックとして活躍した堀池氏 ©文藝春秋

 同部を2014年から率いているのが、OBの堀池氏である。清水東高校時代は長谷川健太、大榎克己と共に「清水東三羽烏」と呼ばれ、後に清水エスパルスで活躍。ドーハの悲劇も経験した元日本代表DFである。かつてサッカー番組『やべっちF.C.~日本サッカー応援宣言~』(テレ朝系)にも出演していた。

 その堀池氏の下で今年、異常事態が起こっている。