昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

観光バス横転で乗客死亡 剛腕社長の“高級タワマン引っ越し”と“口コミサイトでの評判”

 静岡県小山町の県道で、観光バスが横転して乗客1人が死亡した事故で、県警は10月13日、バスの運転手・野口祐太容疑者(26)を自動車運転死傷処罰法違反の疑いで現行犯逮捕した。

「亡くなった枝川恵美子さんの夫は、取材に『まだ震えが止まらなくて受け止められない』と心境を吐露しました。枝川さんはこれまで何度も、ツアーを主催した旅行大手『クラブツーリズム』を利用していたといいます」(社会部記者)

横転したバス ©共同通信社

 クラブツーリズムは、近畿日本ツーリストと同じく、KNT-CTホールディングス傘下の中核企業。売上高は200億円を超え、中高年向けの国内ツアーが主力だ。会員制度が充実し、リピーターも多いという。

「枝川さんの夫も『結婚から50年で、記念の旅行に行こうと話していた』と明かしました」(同前)

 クラブツーリズムのツアー企画で、実際にバスの運行を担っていたのは、埼玉県飯能市に本社を置く「美杉観光バス」だ。

「野口容疑者が勾配の厳しい今回のルートを運転したのは初めてだった。『ブレーキが利かなかった』と供述していますが、フットブレーキの使い過ぎだった可能性が高い。技術に乏しい運転手に難ルートを任せた会社側の責任も指摘されています」(同前)

 02年に設立された美杉観光。現社長の吉田典弘氏が企業規模を拡大させてきた。民間信用調査会社によれば、吉田氏が100%株主。コロナ禍前までは10億円を上回る売上高で推移していた。