文春オンライン

福岡の女性市議がライバル候補になりすまし“旧統一教会”の偽ビラを配布…取材には「事実を知ってほしい」と釈明

source : 提携メディア

genre : ニュース, 政治

 

福岡市の市議会議員の女性が、ライバル候補になりすまし、旧統一教会と親密な関係があるとしたビラを配布した。本人は事実を認めた上で辞職の意向を示している。

 

2022年8月、ライバル候補になりすまし、旧統一教会と関係があるとした偽のビラを配った、福岡市議の堀本和歌子議員(41)。

 

堀本市議は、参政党に所属する元衆議院議員の新開裕司氏になりすまし、ビラを配っていた。

ADVERTISEMENT

参政党所属 元衆議院議員の新開裕司氏

「韓鶴子様に…」旧統一教会との関係をアピールする“偽ビラ”を配布

そのビラには、新開氏の名前でこう書かれていた。「旧統一教会の式典で元衆議院議員として偉大なる韓鶴子様に韓日トンネルへの賛意と祝辞を述べさせていただきました!」

 

防犯カメラの映像には、紺のキャップに黒のマスクを身につけた堀本市議とみられる人物が、集合ポストにビラを配るような様子が映っていた。

 

堀本和歌子議員(2019年6月):
命がけでやれば未来は変えられると政治に携わる決意をして今この場に立っている次第です。

日本維新の会に所属する堀本市議は、元モデルでアパレルブランドを起業した経験を経て、2019年の福岡市議選で博多区から出馬し初当選した。

 

堀本市議はなぜ新開氏を狙ったのか。

前回の市議選では124票差…“ライバル候補”だった

新開氏は2023年春の市議選で博多区から出馬を検討している、堀本市議にとってのライバル候補だ。2019年の市議選では、堀本市議が最下位で当選したが、新開氏は124票差で落選していた。

 

このビラを作った理由について、堀本市議はFNNの取材に応じ、こう説明した。

堀本和歌子議員:
なりすましたつもりではそのときはなかったんですよね。ツイッターにもそんな風に上がっていたので、真実をそのまま印字したっていう形です。有権者のために事実を、本当にこれは、事実を知ってほしいということを思ってやったことであるんですよね。

 

その上でこう釈明した。

堀本和歌子議員:
新開さんを陥れるとか、そういうことではなくて。罪にならなくとも、社会通念上、ちょっと申し訳なかったと思っています。私が行った行動に関しては、本当にもう反省すべきであると。本当に重々に承知しております。本当に申し訳なく思っております。

関連記事