昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

円安で「八方ふさがり」 難病の10歳少年が心臓移植のため渡米…容体悪化で追加請求が3億円に

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際, 医療, 経済

 

10歳の中澤維斗くん。

2020年に、50万人に1人という難病「拘束型心筋症」と診断された。

 

日本にはドナーが少なく…募金活動後にアメリカへ

命をつなぐ唯一の道が、心臓移植。しかし、日本にはドナーが少なく、移植には5~6年かかると言われた。

父・智春さんは、海外で移植を受けることを決心。しかし、高額な医療費や渡航費など、莫大な費用がかかる。

 

必死の思いで募金活動を行った結果、2億3700万円が集まった。

 

維斗くん:
みなさんありがとうございます。元気になったら会おうね。

そして、2022年2月。多くの人に見送られ、維斗くんはアメリカに向かった。現在は、入院生活の中で、ドナーが現れるのを待っている。

想定外の円安「払えないと病院から…」

しかし、そこに「歴史的な円安」という想定外の事態が襲った。

維斗くんの父・中澤智春さん:
ここまで円安の影響が出てしまうと、合計すると6億円という果てしない金額なんですよね。

募金を集めた当時は、1ドル=114円。

 

1ドル=150円になると、単純計算で7200万円も請求が増えることになる。

さらに、春先に維斗くんの体調が悪化。補助人工心臓が必要となり、追加で3億円以上の金額を請求された。

 

維斗くんの父・中澤智春さん:
実際この金額が払えないとなると、病院から出されちゃうような勢いなんですけど。もちろんこれでお支払いしないと、これから(移植で)渡米する人たちにも、ご迷惑をかけてしまうのは事実であって、八方ふさがりというか、どうしていいのか。

 

維斗くんは、今も病との戦いを続けている。

(「イット!」10月26日放送)

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー