昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「6人部屋のドミトリーが1泊102ドル!?」「前は39ドルだったのに…」アメリカ取材旅行で痛感した“宿泊費の高騰ぶり”

MOBYの「アメリカ物価狂乱」レポート #2

 今年8月、メジャーリーグ取材のためにアメリカを訪れたミュージシャンでMLB実況・解説者のオカモト“MOBY”タクヤさん。3年ぶりのアメリカで見たものは、1杯15ドルのビールや11ドルの卵サンドなど、恐るべき物価狂乱だった。

 後編では「高騰するホテル代」や「今回の取材で唯一安いと感じたもの」について紹介してもらった。(全2回の2回目/前編を読む)

今年8月、メジャーリーグ取材のため渡米したMOBYさん。彼が驚いた「アメリカの宿泊費事情」とは?(写真:筆者撮影)

◆◆◆

物価高騰でも「値段が変わらないもの」

 取材日4日目に向かったのは、ボクの愛するチーム、カブスがある街・シカゴ。空港から市内に向かうための駅で購入したVentraカード(シカゴ市内用の交通系ICカード)や、電車やバスの運賃は3年前とほぼ変わらず。

 価格高騰が叫ばれるこの状況において、コロナ以前と値段があまり変わらないもののひとつが「公共交通機関の運賃」でした。代わりにUber(ウーバー)やLyft(リフト)など配車サービスが値上がりした印象です。

 今回はリグレー・フィールドで開催されたカブスVSナショナルズの3連戦をプレスとして観戦させていただき、鈴木誠也選手をはじめ、チーム再建期のなか奮闘する若い選手たちのがんばりをしっかりと見届けました。

リグレー・フィールド(写真:筆者撮影)

 シカゴでは、在住の日本人の友人たちと評判のラーメン屋に足を運ぶことに。アメリカでは2010年代半ばから、いわゆる「日式ラーメン」が大ブームとなり、今やすっかり根付いています。

 シカゴにもたくさんのお店があるなか、日本人コミュニティの間でも評判がいいというのが「Ramen House Shinchan」でした。ラーメンはどれもだいたい15ドル(2000円)+チップという価格設定で、日本の感覚からすると高すぎ!と思うのは否めませんが、実はブームになった当初からほとんど値上げしていません(悪いのはすべて円安)。むしろ「ラーメン=ちょっとしたご馳走」としてアメリカの都市部で受け入れられたのでしょう。

Ramen House Shinchanの「台湾ラーメン」(写真:筆者撮影)

 6日目の8月10日、リグレー・フィールドでデイゲームを見たあとに向かったのは、シカゴ・オヘア空港近所にあるレンタカー会社最大手の「Hertz(ハーツ)」です。

 その目的は、レンタカーでアイオワ州ダビュークまで移動するため。ところが事前にコンパクトカーを予約していたはずなのに、思わぬハプニングが。

「コンパクトカーがすべて出払っているから、2ランク上の車にアップグレードしておいたよ。その列に並んでいる14~15台から好きなのを選んででかけてくれよな」と店員さんから言われ、いきなり野に放たれたような心持ちになりました。

z