昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

泣き出す母親も…「PTA」役員選びの“免除の儀式” エントリー制にして起きたコト【愛知発】

source : 提携メディア

genre : ライフ, 教育, 社会

 

「PTA」は本来、子供たちのための「ボランティア」のはずが、強制的に役員を引き受けなければならなかったりして、ときに理不尽に感じる家庭も増えている。変化を求められているイマドキのPTAについて取材した。

「ぜひやりたい」は0%…誕生から70年 変化迫られるPTA

 

2022年10月1日、名古屋市熱田区で開かれた、東海北陸地方のPTAの大会。

 

1951年に発表された、伝統の「PTAの歌」とともに開幕したが…。

 

名古屋市PTA協議会の会長:
PTA活動の存在意義が問われるようになりました

 

分科会で話し合われたのは、担い手が少なくなっているPTAの改革だ。

 

名古屋市のPTA会長:
委員・役員やりたいですかという質問に対しては、「ぜひやりたい」は0%、「やってもいい」が11.2%、「やりたくない」が61.9%

 

清須市のPTA会長:
うちもいま強制というか、もとから決まった役員の決め方になっているので、変えていきたいなと思っている最中で…

 

戦後まもなく生まれ、70年以上の歴史をもつPTAが、いま変化を迫られている。

「免除の儀式」で泣き出す母親も…活動が“ノルマ”化するPTA

 

運動会などの行事の手伝いや、1点が1円分の寄付になる「ベルマーク」の回収など、子供や学校のための活動をしてきた「PTA(Parent-Teacher Association)」。アメリカの学校にあった、親たちのボランティア活動をモデルに始まった。

 

しかし、保護者からは…。

PTA役員未経験の母親:
くじびきで当たったら(役員を)やる感じです。割りばしに当たりがついていて…。(引くときは)「当たりたくないな」ですね

現役PTA役員の母親:
選ぶときに仕事で出席できなくて、「当たりました」って紙がきて、「引き受けます」っていうしかなくて引き受けてやっています。6年生で当たりました、逃げ切れませんでした

過去にPTA役員を経験した母親:
(活動に)仕事が終わってから行くってなると、時間も5時過ぎとか6時過ぎ…。ご飯もあるし、そういうときに集まるのが(大変だった)