昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【キンプリ脱退劇】「1年前から平野紫耀(25)と永瀬廉(23)に溝が…」キンプリ同期Jr.が明かすメンバー間の“本当の距離感”「ジュリーさんに媚びているように見えた」

genre : エンタメ, 芸能

 10月16日、福岡のマリンメッセで行われた「King & Prince ARINA TOUR 2022~Made in~」のコンサート。振替公演を除くとツアーの最終日だったこの公演では、ダブルアンコールで「君がいる世界」を披露。歌い終わった後にカメラが一人一人を抜いたが、平野紫耀(25)が流していた涙に会場が沸いていた。

「この日は違和感を抱いたファンが多かったと思います。歌い終わった後に平野くんが泣いていましたし、いつもコンサートの終わりに平野くんは決まって『死ぬなよー』って挨拶をするんです。それがこの日は『元気でねー』って言葉に変わっていました。だから退所報道を見て『そういうことだったんだ……』って納得しました」(コンサート会場にいたファン)

King & Prince(Johnny's netより)

 11月4日、King & Princeの平野紫耀、神宮寺勇太(25)、岸優太(27)が、来年5月22日でグループを脱退することがファンクラブサイトで発表された。3名はグループ脱退以降、順次退所の予定だ。3人はこの選択について、ファンクラブサイトにアップされた約20分間の動画でこのように語っている。

ファンに向けた“脱退動画”で語ったこと

「わがままなことを言っていることは、十分理解しております。せっかくここまでやってきた King & Princeのメンバーというポジションを自ら辞めるなんて、ほとんどの方々に理解されないと思っております。自分が進みたい道でこれからきちんと頑張って、いつか皆さんに理解してもらえるよう頑張っていきます。

 活動を終了した後は、まだ具体的には決まっていないですが、海外に関わる仕事をしてみたいですし、色々な挑戦をしてみたいです。いつか皆さんに良い報告ができるよう、頑張りたいと思ってます」(岸コメント抜粋)

「まず突然の報告をしてしまい、たくさんの方を驚かせてしまって本当に申し訳ございません。僕はですね、デビュー当時からジャニーさんとしてた夢、そしてジャニーさんとしてた約束、そしてファンの皆さんとしていた約束、海外で活躍できるグループになることを目指して頑張ってきましたが、メンバーそれぞれが歳を重ねて、それぞれが経験を積んで、活動方針に違いが出てきました。

(中略)今回、このような決断には至りましたが、僕はメンバーそれぞれが選ぶ道も尊重しています。それぞれが進む道を温かく見守ってもらえたら嬉しいです」(平野コメント抜粋)

脱退について語った動画(ファンクラブサイトより)

「僕は King & Princeとして、海外に進出することが僕自身と、ジャニーさんとそして応援してくださってるファンの皆様の大切な夢の1つでありました。その夢を追い続けるために活動をしてきましたが、活動をしていく中で海外進出のことだけではなく、活動方針の考えが変わっていきました。

 また、自分勝手な考えではあるのですが、これから先メンバーが一人でも退所するという話が出た時に、自分も退所させて頂くということを自分の中で本当に勝手ながら、自分の中でそう決めていました。これらのいろんな理由が重なり、今回このような決断を致しました」(神宮寺コメント抜粋)

 降ってわいたようなジャニーズ若手ホープらの突然の退所発表。メンバー間の「方向性の違い」は、いつから距離を広げていたのだろうか。

 King & Princeと同期のジャニーズJr.は、Jr.時代の彼らをこう振り返る。

関連記事