文春オンライン

「『くそ!』『ちっ』と独り言が多く怖い印象」“ミルクティーで性的暴行”の渋谷区役所員(29)が給付金詐欺で再逮捕 「平均年収633万円」の未来を棒に振る愚かさ

genre : ニュース, 社会

「性欲がたまっていたので抑えきれなかった」

 10月11日、交際していた20代の女性に性的暴行を加えたとして、渋谷区役所の職員・石川隼大容疑者(29)が準強制性交の疑いで逮捕された。

 そして区民の生活に寄り添う公務員が起こした犯罪の余波も収まらぬ1カ月後の11月7日、今度は給付金詐欺の疑いで再逮捕された。若い男性区役所職員を犯罪に走らせたのは何だったのか――。

 石川容疑者が5月に起こした準強制性交事件について、大手新聞の社会部記者はこう解説する。

「石川容疑者は今年1月下旬にマッチングアプリを通じて女性A子さんと知り合い、2月上旬に初めて顔を合わせました。その後、何度か食事や映画などデートを重ねた後、4月上旬に石川容疑者の方から『付き合ってほしい』と告白し、交際に発展。そして5月1日に事件は起きました」

 交際開始から半月ほどは関係は良好で、その時点では石川容疑者が肉体関係を要求することもなかったという。しかし事件当日の5月1日、「家で映画を見よう」と誘い、A子さんは初めて容疑者の自宅を訪れた。

犯行現場となった石川容疑者の自宅 ©文藝春秋

ズボンを脱がされ、容疑者が覆いかぶさってきて…

「A子さんが石川容疑者の家に入ると映画を見るはずのテレビがなく、不信感を覚えたようです。しばらくは2人でお酒を飲みながら談笑していたのですが、不意にベッドに抱き寄せられてキスをされ、A子さんは『体を目的に呼ばれたんだ』と気づき、石川容疑者を両手で押しのけて拒否しました。すると石川容疑者も一度は納得した様子で部屋を出て、戻った時には2つのマグカップを持っていました。『休んだほうがいいよ』と手渡されたホットミルクティーをA子さんが飲み、立ち上がろうとしたところで意識を失ったようです」

 石川容疑者がA子さんに渡したミルクティーには、睡眠導入剤が溶かされていた。

「A子さんは意識が朦朧としていたものの、ズボンを脱がされ石川容疑者が覆いかぶさってくる記憶は断片的に残っていたようです。そして意識が戻ったときに石川容疑者が隣で体を拭いているのを見て、性行為をされたと悟ったようです」(前出・社会部記者)

関連記事