昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

香りをかいで叔母の記憶にタイムリープ…「嗅覚が鋭い」超能力少女が知ってしまった“禁断の秘密” 「ファイブ・デビルズ」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

 フレンチアルプスの麓にある小さな村、ファイブ・デビルズ。8歳の少女ヴィッキー(サリー・ドラメ)は、母ジョアンヌ(アデル・エグザルコプロス)と父ジミー(ムスタファ・ムベング)との三人暮らし。ずば抜けた嗅覚を持つ彼女は、大好きな人や物の香りを再現し、小瓶に入れてコレクションしていた。

 ある日、ジミーの妹ジュリア(スワラ・エマティ)が突然家を訪れる。彼女の香りを調合したヴィッキーは、それを嗅いだ瞬間にジュリアの記憶の中にタイムリープしてしまう。その後もタイムリープを繰り返すヴィッキーは、彼女と母親、そして自分自身にまつわる禁断の秘密を知ることになる。

〈解説〉

 香りの能力でタイムリープする少女とその家族、そして封印された愛を描くSFスリラー。レア・ミシウス監督の長編第2作。96分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆嗅覚が特別に発達している少女という設定が珍しいのだが、後半、それが十分に生かされたとは思えず。「母性」の話に?

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆嗅覚の鋭い超能力少女の眼を借りつつ、ホラーや幻想譚の枠を超えた世界を創出する。ローヌ山間部の風景がゴージャス。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆何が悪魔か、狭い村の意識の拘束には猛烈に腹が立つ。タイムリープの不思議も吹き飛ぶ家族、性、愛の表現に弄ばれた。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆尖鋭化した『ツイン・ピークス』か。ホラーやスリラーの作法に則りつつ、閉鎖的な村に世界の諸問題を濃縮して映し出す。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆ホラー、タイムリープ、フェミニズム等ジャンルを超え仏のエスプリの効いた構成、映像、演技。嗅覚は原始的で平等。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2021 F Comme Film - Trois Brigands Productions - Le Pacte - Wild Bunch International - Auvergne - Rhône - Alpes Cinéma - Division

INFORMATION

『ファイブ・デビルズ』(仏)
11月18日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか全国公開
https://longride.jp/fivedevils/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事