昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

岸田文雄さん、自民党の伝統「放り投げ総辞職」待ったなし問題について

2022/11/23

 岸田文雄さん、顔色悪いんですよね。

 週刊文春が、岸田事務所の選挙で空白領収書がたくさんあったと報じました。

〈証拠写真〉岸田文雄首相も選挙で“空白領収書”94枚 公選法違反の疑い
https://bunshun.jp/articles/-/58898

 また、共産党の機関紙・しんぶん赤旗に新総務大臣の松本剛明さんの政治資金規正法違反ネタを打ち上げられてしまい、政治資金や選挙運動費用をめぐる問題で寺田稔総務相を更迭した直後だっただけに面倒なことがたくさん起きています。これで支持率なんて上がるわけないよね。

岸田首相お疲れ?言い間違え連発 「寺田大臣」を「タケダ大臣」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022112100732&g=pol

松本新総務相 規正法違反疑い/複数の政治資金パーティー
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-11-22/2022112201_01_0.html

高く推移してきた支持率も30%くらいまで低迷

 ただでさえ統一教会問題で自民党の保守傍流・清和会のあれこれが問題となり、他方で東京オリンピック関連では高橋治之さんとその周辺による「五輪とカネ」の汚職が騒がれているところで、本丸におわす岸田さんや新閣僚も黒いとなると、救いようがなくなるのもまた事実であります。

厳しい表情で記者団の取材に応じる岸田文雄首相 ©時事通信社

 なもんで、悪化の一途をたどる事態オールクリアのための解散総選挙に打って出る観測もあった中、かなり巨額となった総合経済対策のバラマキ一本では勝てないと踏んだ党側要人の反対論で乾坤一擲の突破方針は事実上潰えました。もはや12月中の内閣再改造か岸田内閣総辞職かという瀬戸際まで追い詰められてきています。

 実際、特に何もしていなかったけど何となくクリーンだし、他にいい人もいないからと割と高く推移してきた支持率も、岸田さんの総理就任1年で無事に剥げ落ちました。いまでは調査によっては支持率30%を切らんかというところまで低迷をしてしまっています。いきなりクライマックスで超笑う。問題が起きなければ3年間は衆参両院選挙のないフリーハンドの黄金期間だという触れ込みはどこにいってしまったのでしょうか。