昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈ドイツに勝利〉「なんで身体が思うように動かへんのや!」W杯日本代表・鎌田大地が父に明かした苦悩

 11月23日、サッカーW杯で初戦を迎えた日本は、優勝4回の強豪・ドイツと対戦。前半は押される展開からPKを献上し先制点を許すも、後半から途中出場した堂安律と浅野拓磨が連続してゴールを決めて2-1と、歴史的逆転勝利を果たした。

 試合前の会見では、ドイツ代表のキャプテンであるマヌエル・ノイアーが日本で最も警戒している選手について、鎌田大地選手を名指ししたことも話題になった。「世界最高のGK」も認めた“日本代表のキーマン”、鎌田大地とはどんな選手なのか? 両親が秘話を明かした「週刊文春」の特集記事を特別に無料公開する(初出:週刊文春 2022年12月1日号 年齢・肩書きは公開時のまま)

◆◆◆

「W杯メンバーに選ばれた後、『頑張れよ』とLINEすると『頑張るわ!』と頼もしい返信がきましたね」

 こう明かすのは、11月20日に開幕したサッカーW杯カタール大会の日本代表MF・鎌田大地(26)の父、幹雄さん(53)である(全2回中の1回目/後編に続く)。

 現在、ドイツ1部リーグ・ブンデスリーガの名門、フランクフルトに所属する鎌田。今季は公式戦22試合に出場し、12ゴール4アシストと絶好調だ。

 ドイツの老舗スポーツ誌「キッカー」が発表しているリーグ全体のフィールドプレーヤー平均評価ランキングで、鎌田は現在、ドイツ代表クラスの選手を抑えて何とトップに立っている。

身長184cmで空中戦もドリブルも得意 ©松本輝一/JMPA

 日本代表の森保一監督が9月にドイツで鎌田の試合を視察した際の様子を現地取材した、スポーツカメラマンの渡辺航滋氏が語る。

「森保監督は『ブンデスリーガでチームの中心になって戦えていることは本当にすごい』と熱く語っていました。鎌田はフリーキックを決めるなど大活躍で、この試合が鎌田を代表の中心に据えようと監督が腹をくくった瞬間だったように思います。同僚のドイツ代表MFのゲッツェからゲームを進める上でのずるがしこさなども教わり、両サイドもボランチもこなせる万能な選手に成長しています」

森保監督の信頼も絶大 ©杉山拓也/JMPA

「自分は“雑草”のように下から這い上がってきた」

 1996年に愛媛県で生まれた鎌田がサッカーを始めたのは3歳の頃。幹雄さんが幼少期を振り返る。