昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

批判されると燃えるタイプ…“鋼のメンタル”長友佑都35歳はなぜ叩かれるのか

 サッカーW杯最終予選・中国戦では低調なプレーに終始し、批判の声が続出した長友佑都。次のサウジアラビア戦では堅い守備で勝利に貢献したものの、これで日本代表の左サイドは安心、とは言い難い状況だ。チームを牽引し続けてきた35歳に何が起きているのか。週刊文春2月10日号の記事を全文公開する。

◆◆◆

 サッカーW杯アジア最終予選を戦う日本代表DF・長友佑都(35)への批判が止まらない。1月27日の中国戦後には、城彰二ら代表OBからも先発出場を疑問視する声が上がった。

 その理由の一つを、スポーツ紙記者は「体力、脚力が明らかに衰えているからです」と指摘する。

「以前は驚異的な運動量を誇る長友の攻撃参加が日本の大きな武器でした。ところが今はキックの精度が大幅に下がり、攻め上がってもクロスボールが味方に合わない。守備でも全盛期なら軽々と止めていた場面で相手に置き去りにされたり、ファウルで凌ぐ場面が増えています」(同前)

日本代表での出場試合数は歴代2位 ©共同通信社

 そんな長友を森保一監督は頑なにスタメンで使い、後半早々に中山雄太と交代させることを繰り返す。

「監督はとにかくチームの序列重視で選手を起用する。W杯3度出場の経験と攻撃力を買って長友を使い続けていますが、中国戦では交代した中山の正確なクロスから追加点が生まれるなど、攻撃面でも中山がすでに上回っています」(同前)

 一方、プレー以外で批判を集める理由をサッカーライターはこう語る。

「これまで長友は本田圭佑と共に『W杯優勝を目指す』と語り、『世界一のサイドバックになる』と公言。しかし“ビッグマウス”と結果がかけ離れているのです」

 イタリアのインテル、フランスのマルセイユなど名門クラブで11年プレーし、昨年9月にFC東京に復帰した長友。その際、「このクラブで優勝したい」と意気込みを語った上で「正直ぬるい。勝つチームの熱量ではない」と苦言を呈した。