昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

相方と不仲、芸人の仕事は減ったが…「我が家」坪倉由幸44歳が俳優として“出世”した理由

 ドランクドラゴンの塚地武雅、東京03の角田晃広など、芸人のドラマ進出が目立つ中、台頭してきたのが「我が家」の坪倉由幸(44)だ。『鎌倉殿の13人』で源頼朝の家臣・工藤祐経役としてNHK大河ドラマ初出演を果たし、高畑充希主演の『ムチャブリ!』(日テレ系)にも出演中だ。

「坪倉は2012年の『主に泣いてます』で連ドラ初出演。昨年3月に放送された三谷幸喜脚本の単発ドラマ『死との約束』では、三谷の『僕の好きな海外の喜劇役者に雰囲気が似ている』との推挽を受け税理士役に起用。これが今回の大河に繋がった」(放送記者)

目標とする俳優に、東京03の角田を挙げている

 坪倉は横浜出身。小学生のときはサッカーに熱中し、横浜市選抜で中村俊輔とプレーした。生来の目立ちたがり屋で、高校卒業後、役者を志して俳優養成所に入所。そもそもは俳優コースだったが、お笑いコースにいた杉山裕之(44)、谷田部俊(44)に感化され、03年に我が家を結成した。

 05年にはM-1グランプリで準決勝進出という順調な滑り出しだった。

「ネタ作りは坪倉が担った。坪倉が下ネタを発しようとすると杉山が『言わせね~よ』と突っ込むのがお約束」(芸能デスク)

 11年には我が家として『ヒルナンデス!』のレギュラーも獲得。だが、M-1では6年連続準決勝止まり。キングオブコントでも10年から4年連続準決勝で敗退と、殻を破れずにいた。