文春オンライン

「雨の日は携帯の電波が通じないし、小学校までは歩いて1時間(笑)」……福岡の“ド田舎保育士”絢乃唯那さんが人気TikTokerになるまで≪撮り下ろし写真約70枚≫

福岡のポツンと一軒家に住む“ド田舎保育士”インタビュー #1

2022/12/17

「雨の日は携帯が繋がりにくくて……」と語るのは、福岡県の「ド田舎」に住む絢乃唯那さん。絢乃さんは家業の農業も手伝いながら、保育士として働いています。そんな絢乃さんのSNS総フォロワー数は、100万人以上。絢乃さんが生まれ育った「ド田舎」の事情、そして人気保育士インフルエンサーになるまでを尋ねました。(全2回の1回目/続きを読む

 

◆◆◆

「家は“ポツンと一軒家”です。隣家まで車で10分もあります」

――SNSのプロフィールに福岡のド田舎保育士とありますが、どれくらいド田舎なのでしょうか?

絢乃 この携帯の画像(自宅周辺の画像)見えます? グーグルマップで家の周りを検索すると、ホントに緑しかないんですよ……(笑)

――確かに、山の中にポツンと一軒ありそうな。お隣の家との間隔はどれくらいありますか?

絢乃 車で10分くらいですね。コンビニも隣町しかなくて、車だったら15分くらい。近所にご飯屋さんもないので、行くとしたら隣町です。

 

――駅や学校はいかがでしょうか?

絢乃 いつも車で移動するんですけど、最寄り駅は、車で30、40分くらいかな。学校は、途中で小学校が合併して、それまで通っていた小学校が無くなっちゃって。ちょっと遠くなりました。歩いて1時間くらいかけていましたね。

――毎日1時間歩くのは、大変ではなかったですか? 特に雨の日とか。

絢乃 いやぁ全然、もう慣れてました(笑)ただ、雨の日になると、今も携帯の電波が届きにくいんですよ。晴れの日は、まだいいんですけど。SNSとか投稿するときに繋がらなかったら、お母さんと一緒に車に乗って、隣町のコンビニに行って、買い物がてらWi-Fiを使わせてもらったりしてますね。

――天気の影響があると。子どもの頃は、どんな遊びをしていましたか?

絢乃 家にたくさん木があったので、お姉ちゃんと一緒に木登りをしたり。あとは、みんなで山に行ったりとか。