文春オンライン

宮台真司襲撃「ニット帽180センチ男が捕まらない」理由

「頭から流れ出た血がこめかみ辺りまでつたっており、苦しそうな表情をしていました」(事件の目撃者)

 東京都立大学の南大沢キャンパスの敷地内で、同大教授の宮台真司氏(63)が何者かに襲われてから既に1週間が過ぎた。だが犯人は今も逃走を続けている。

大学でも人気教授だった

◆ ◆ ◆

犯人は20代から30代くらいの男性、身長は180センチ前後

 事件が起きたのは11月29日の午後4時17分頃。駐車場付近で、突然背後から切りつけられたのだ。

「後頭部には8センチ程の切り傷があり、それ以外にも複数回切りつけられている。命に別状はありませんが、全治1カ月の重傷を負っています」(社会部記者)

 宮台氏を襲ったのは20代から30代くらいの男で、身長は180センチ前後。

「がっしりとした体格で、髪は短め。黒色のジャンパーとズボン姿で、刃物を持ったまま小走りで去っていったようです」(同前)

中門そばの植え込みから犯人は逃げた

 宮台氏が社会学者として一躍有名になったのは1993年頃。援助交際をしたり、制服や下着を売る女子中高生の増加を社会学的に分析し“ブルセラ論争”の火付け役となった。

「私生活では2002年頃までジャーナリストの女性と事実婚状態にあったが破局。05年に20歳下の書店員と結婚、3人の子どもを儲けました」(出版関係者)

 最近は毎週火曜の講義と、ビデオジャーナリストの神保哲生氏と週1で配信するネットニュース番組への出演が主な仕事だった。その神保氏が、宮台氏の入院中の様子を明かす。