文春オンライン

「正直、非常識かと」悪天候の日に出前を頼むのはアリかナシか論争…デリバリー担当の“本音”

2023/01/24

 ネットや電話で注文すれば、自宅まで食事を届けてくれるフードデリバリーサービス。受け取る側にとっては雨の日や台風、雪などの悪天候な日に外出せずに済むので、とてもありがたいサービスだが、客先に届けるデリバリー側の声はフィーチャーされにくい。

 ウーバーイーツなどのデリバリーサービスは、業務委託の配達員が自らの意志で配達を請け負っているが、店舗のデリバリー担当は天候に関係なく配達しなければならず、選択の余地がない。そのため、台風や雪の時期になると「悪天候の日にデリバリーを頼むのは非常識か否か」という論争がネット上で繰り広げられることも。そこで今回は、飲食店でデリバリーを担当していた人々に、その本音を聞いてみた。

※写真はイメージです ©iStock.com

◆◆◆

天候が悪い日の配達時間は大目に見てほしい

 以前、ピザチェーンの配達や、個人経営飲食店で出前を担当していた三上達也さん(仮名)は、天候が悪い日の配達については「仕事だと割り切っていた」と語る。

「注文がゼロだと店側も困るので、非常識とまでは思わないです。雨の日は注文も増えて忙しく、1日があっという間に終わるのであまり気にしたことはないですね。ただ、悪天候の日は道が渋滞しやすいので、遅くなるとクレームが入るかも、とヒヤヒヤした記憶はあります」

 天候の悪さは配達にも影響を及ぼす。配達時間は大目に見てほしい、と三上さん。

「悪天候の日に限らず、夏は酷暑でヘルメットが蒸れてすごく暑いし、冬はめちゃくちゃ寒い。自由な時間も多いですが、労働環境だけで考えたら大変な面はありますよね。それと、自分はそれほど長い期間デリバリーの仕事をしていたわけではなく、台風の日の稼働も数回。担当場所も都心だったので範囲も狭く、環境にも恵まれていました。雪が多い地域や、長年デリバリーをしている人とは状況が違うので、意見も変わるかもしれませんね」