文春オンライン

連載シネマチャート

ショーン・ペンが実の娘と親子共演! 借金に追い込まれ、現れては姿を消す父と娘の関係を描く 「フラッグ・デイ 父を想う日」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

 1992年6月、アメリカ最大級の偽札事件の犯人であるジョン・ヴォーゲル(ショーン・ペン)が、裁判を前に逃亡した。娘のジェニファー(ディラン・ペン)は、それでも「私は父が大好き」とつぶやいていた。

 実業家だった父親は、ジェニファーが幼い頃から、家族の前に現れたかと思えば、借金に追い込まれると姿を消す存在だった。父との別れと再会を繰り返したジェニファーが、苦境を乗り越えた末にジャーナリストとして評価され始めたときに、衝撃のニュースが飛び込んでくる。

〈解説〉

 アメリカ国旗制定日(フラッグ・デイ)に誕生した父親との関係を、娘の視点で描くヒューマンドラマ。ジェニファー・ヴォーゲルの回顧録を原作に、『イントゥ・ザ・ワイルド』のショーン・ペンが監督と父親役を務める。娘と息子役を彼の実子たちが演じている。112分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★★悲しく歪んだアメリカンドリーム。S・ペンは監督としても見事。実の娘との共演。カウボーイの広告看板、胸にしみる。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆S・ペンは人と人とのぎくしゃくにやはり敏感だ。たまに空転するが、弱さをさらけ出すことで思いを娘に託している。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆一発当てようと家族を振り回す父親の姿が空虚で悲しい。娘の心情が切なく、あんなふうに縁を切られるのは耐え難い。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆16mm撮影の質感が素晴らしい。だが負の連鎖や共依存を批評的に描く話とすれば、ダメ男のロマンが強すぎるのでは?

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆成熟しないショーン・ペン。初期監督活動を想起。米国に生きる父と娘の姿はアメリカンドリームの寓話としても機能。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2021 VOCO Products, LLC

INFORMATION

『フラッグ・デイ 父を想う日』(米)
12月23日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開
https://cinerack.jp/flagday/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー