文春オンライン

“りくりゅう”三浦璃来・木原龍一組「気持ちの整理がつかない」3年ぶりの出場だった全日本選手権への思い

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

12月22日から始まった全日本フィギュアスケート選手権。

今年は大阪府門真市の東和薬品RACTABドームで開催される。

23日に行われる全日本選手権のペア・ショートプログラム。

今年は2組が出場する予定だったが、三浦璃来・木原龍一組が欠場。そのため、“二刀流”で臨む村上遥奈・森口澄士組、1組の出場となった。

全日本への強い思いを持っていた三浦・木原組だけに、欠場を決めたことがどれだけつらい決断だったか想像に難くない。

“りくりゅう”苦渋の決断で「欠場」

22日、三浦・木原組はトロント発そして経由地バンクーバー発のフライト大幅遅延とロストバゲージのため、全日本の欠場を発表。

早朝に日本へと帰国し、会場へ到着した2人は会見を行い、今の心境を語った。

三浦は「仕上げていたので残念。2年出ていなくて(全日本に)かける思いがあった」、木原は「全日本は目標であり大切な試合でした。出られないのが悲しい」と悲痛の表情を浮かべる。

飛行機はバンクーバーで遅れ、22日午前0時頃に成田空港、朝3時に羽田空港に到着し、午前7時30分頃に伊丹空港に着いた。

「悪いことが重なった」と語る木原。欠場の理由はスケート靴や衣装などが届いていておらず、22日中にも届いていないという。

また、フライトの遅延により4日間、氷の上に乗っていない状態のため、安全にリフトをすることができない可能性が「欠場」を決めた大きな要因だと明かした。

2人は「せっかくたくさんの人に注目してもらってからの全日本だったので残念。気持ちの整理がつかない」と肩を落とした。

4年後に向けて今シーズンは「挑戦の年」に

昨シーズンも大活躍を見せた、三浦・木原組。

今年2月の北京五輪団体のメダル獲得に大きく貢献し、個人種目でも過去最高の7位入賞を達成。

さらに3月の世界選手権でも日本人カップルとしては初の銀メダルを獲得し、昨シーズンを飛躍の年で締めくくった。

今年3月の世界選手権では銀メダルを獲得

次の4年後に向けて2人は今シーズンを「挑戦の年」と位置づけた。オフシーズンには新たなリフトの習得にも励み、フリーでは得意のスロージャンプを後半に2つ組み込んだ。