文春オンライン

「ネギトロ工場でミンチにしてくれないか」24歳の男性はなぜバラバラに“解体”されたのか 関係者5人の思惑と上下関係

「遺体なき殺人」裁判ルポ #2

2022/12/28

genre : ニュース, 社会

 2016年3月、埼玉県川口市の飲食店内で同店従業員の男性を殺害したとして殺人の罪で起訴されていた指定暴力団六代目山口組傘下組織組員、島田一治被告(55)の裁判員裁判の判決公判が12月20日にさいたま地裁で開かれ、中桐圭一裁判長は求刑通りの懲役20年を言い渡した。

 男性の遺体は見つかっていない。魚をミンチにする機械でバラバラにされたのち、焼却されているからだ。稀に見る壮絶な態様であるものの、死体損壊・遺棄については時効が成立しているため、遺体の解体に加わった関係者らは罪に問われていない。

 事件当時、店には複数の人間がいたにもかかわらず、殺人罪で起訴されているのは、島田被告だけだ。

 公判は波乱含みだった。当時店にいた関係者らが次々に証人出廷し、男性が死に至るまでの様子、そして遺体を遺棄するまでが語られたが、そのうちの1人から「別の人間が首を絞めていた」と、被告以外の人間が男性を殺害したという発言が飛び出したからだ。そのうえ、

「自分がとどめをさした」

 事件後にこう吹聴していた者がいたことも明らかになった。一体、事件の日に店で何があったのか。(全2回の2回目/前編から続く)

◆ ◆ ◆

遺体を「会社の冷凍庫に預けられないか」

 島田被告は、「会社の冷凍庫に預けられないか」と共犯の男である元橋純也(逮捕後に遺書を残し、留置場で自殺)から何度も頼まれたため、“数日で元橋がなんとかする”という約束でこれを渋々引き受け、ケースに入れた被害者・伊藤竜成さん(24=当時)の遺体を、自分の会社の冷凍庫に運び込んだという。

 ここから遺体の損壊と遺棄に島田被告が手を染めたのは、元橋から押し付けられたことによると被告は証言した。

「その後、元橋から連絡があるどころか、連絡しても『もうちょっと待ってくれ、もうちょっと待ってくれ』と何日もそのままにされた。そのうち、元橋の若い衆Cが飲み屋で『自分が首を絞めた』って言いふらしていると聞いたんで、それが事件になったら、遺体を会社で預かっているので大変なことになる。従業員や会社のことを考え、早くなんとかして欲しい、と元橋に本気になって怒りました」(島田被告の証言・以下同)

写真はイメージ ©iStock.com

「余計なことは言うな。俺が全部背負うから」

 元橋がのらりくらりしている間に、元橋の舎弟・Cが、

「解体では、元橋とその若い衆3人と、冷凍庫を開け閉めできる私の5人が集まった。そして、Cが事件のことを言いふらしてることを聞いてたんで、そいつに『二度と口にするな』と言い、その後の作業のため『余計なことは言うな。俺が全部背負うから』と言いました。3人は特に反応はなかった」

 この“俺が全部背負う”発言が尾を引いて、島田被告だけが起訴される結果になったのか。この日、マグロ解体機を用いて被害者の遺体をバラバラにしたが、「島田被告の親戚のネギトロ工場で被害者をミンチにしてくれないか」と言い出したという元橋は、「若い衆に命令するばかりで、電話しながらチョロチョロして何もしなかった」という。マグロ解体機を使える人間がその場に島田被告しかいなかったことから、仕方なく実践し、3人に使い方を教えながら遺体を解体した。

「躊躇しました。でも無になって、手本となって、使い方を教えた。それで若い子たちも作業し始めました」