文春オンライン

「腹破らんでくれ!」胎児を含む7人が殺害…国内最多の死者数を出した「三毛別ヒグマ事件」の壮絶――2022年BEST5

『日本クマ事件簿』 #4

2023/01/21
note

6日間に及んだ惨劇が終結

 翌13日も討伐隊の活動は続いたが、ヒグマを捕らえることはできなかった。

 だがついに、その時が訪れる。最初の事件発生から6日後、12月14日午前10時だった。7人もの命を奪ったヒグマが射殺された。

 射止めたのは、小平(現・留萌管内小平町)鬼鹿の猟師、山本兵吉(58歳)。鉄砲撃ちにかけては天塩国にこの人あり、と評判の猟師であった。

ADVERTISEMENT

 山本は討伐隊と行動を別にし、単独ヒグマを追った。猟師の勘と洞察によるものだった。ヒグマの居所を見定めていた山の頂上付近まで登ると、ミズナラの大木に寄りかかっていたヒグマを発見した。

 山本は風下から気配を消し、少しずつヒグマへと接近して行った。ヒグマに気づかれることはなかった。

 そして、ヒグマに近づくことおよそ20m地点。ここでいったん山本はニレの木の陰に身を隠し、銃口をヒグマの急所である心臓に定めた。発砲した。轟音とともに発射された弾がヒグマの背後から心臓付近に命中した。

 一度倒れ込んだヒグマだったが、再び立ち上がり、山本をにらみつけた。即座に山本は第二弾を放った。今度はヒグマの頭部を狙った。発砲。被弾したヒグマがついに倒れた。弾は頭部を貫通していた。射殺場所は、A宅から北北西約2km地点であった。

 3日間にわたる官民一体による討伐活動は、ここにようやく終結した。編成された討伐隊の人員は延べ600人、同行したアイヌ犬10数頭、装備として用意された鉄砲60丁というものだった。

2022年「クマ部門」BEST5 結果一覧

1位:「巨大ヒグマがダダッと駆け降りて『グワァ』と…」4回ヒグマと遭遇した“ハンター御用達”職人が最も危険を感じた瞬間
https://bunshun.jp/articles/-/59793

2位:出てきたのは女の髪の毛、赤子の両手…人喰いヒグマを解剖してわかった「衝撃の中身」
https://bunshun.jp/articles/-/59791

3位:「両足の肉がほとんど食い尽くされていた」留守番中の11歳少女を襲った「1904年のヒグマ襲撃事件」の惨劇
https://bunshun.jp/articles/-/59790

4位:「腹破らんでくれ!」胎児を含む7人が殺害…国内最多の死者数を出した「三毛別ヒグマ事件」の壮絶
https://bunshun.jp/articles/-/59789

5位:「と……と、とにかく、逃げられるだけ逃げよう」大熊に追われたハンター3人…銃も使えない絶体絶命の逃走劇
https://bunshun.jp/articles/-/59788

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。次のページでぜひご覧ください。

日本クマ事件簿

日本クマ事件簿

三才ブックス

2022年5月20日 発売

「腹破らんでくれ!」胎児を含む7人が殺害…国内最多の死者数を出した「三毛別ヒグマ事件」の壮絶――2022年BEST5

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー