文春オンライン

副大統領の汚職、90%超のインフレ率、40%台の貧困率…アルゼンチン国民がW杯優勝を喜びすぎる「これだけの理由」

2022/12/29

 終わってみれば、メッシの大会だった——。W杯優勝の翌日、アルゼンチン主要3紙にはリオネル・メッシ(35)を前面に押し出しこんな見出しが躍った。

「永遠の栄光」(ラ・ナシオン紙)

「ありがとう、メッシ」(クラリン紙)

「神(メッシ)はアルゼンチン人」(オーレ紙)

 36年ぶりの歓喜に沸くアルゼンチンでは、1週間以上が経った今なおその余波が続く。12月20日に行われた凱旋パレードでは、国の象徴的なモニュメントであるブエノスアイレス市内の「オベリスコ」を起点に、実に500万人とも言われる人々で埋め尽くされた。

 選手がいるバスに飛び乗るため、歩道橋から飛び降りる人も現れるなど、あまりの熱狂ぶりにバスでの凱旋は中止となり、選手たちは急遽ヘリコプターからの凱旋へと切り替わった。凱旋終了後も興奮冷めやらぬ一部のサポーターが、警察官と揉め、サポーター同士が殴り合うなど、“ご愛嬌”とはならないのが何ともアルゼンチンらしい。が、それだけ国民が待ち望んだ瞬間だったのだ。

W杯優勝の翌日、「ありがとう、メッシ」と報じたクラリン紙

経済や政治は最悪の状態…W杯の優勝がアルゼンチン国民の希望に

 ブエノスアイレスでシェフとして働く、エスクエル・フェレイラさん(42)はこう喜びを爆発させる。

「アルゼンチン人が、36年間も待っていた瞬間がやっと訪れた。この国で生きる半数が、W杯優勝を知らない人々だった。今、アルゼンチンの経済や政治は最悪の状態で、この優勝は国民に再び希望をもたらしてくれたとも思う。今はとにかく『凄い、嬉しい』以外の言葉が出てこない」

 アルゼンチン1部リーグのCAウラカンでプレーしたキャリアを持つ加藤友介さん(36)は、今大会のアルゼンチン代表の変貌ぶりに驚いたという。純粋な戦力だけでみれば、フランスやブラジルより1枚も2枚も落ちるという見方が妥当だろう。実際に加藤さんも、決勝戦の前はフランス有利という見解だった。だが、アルゼンチンはその強靭なメンタリティで優勝をたぐり寄せた、と分析する。

「アルゼンチンでは技術や身体能力だけではなく、いかに個性があるか、戦える選手かということが評価につながります。準優勝した2014年のブラジルW杯で、最も国民の支持を集めた選手がDFのハビエル・マスチェラーノだったのが象徴的。

 今大会もアルゼンチン人達と連絡を取り合っていましたが、最も評価されていたのが中盤で献身的にチームを支えたMFのロドリゴ・デ・パウル(28)でした。そんな国だから、メンタルが強くて戦える選手が出てくるわけです。おそらく10回戦えば、6回はフランスが勝つと思えるほどの戦力差ですが、それでも決勝の舞台にその1回を持ってくるのが、アルゼンチンという国の強さだと感じます」