文春オンライン

「先生は逃げたんだな、と思いました」逮捕された中学教師が命を絶った男子生徒への強制わいせつ事件。被害者が初めて思いを明かした

2023/01/21

 2022年5月、警視庁は、東京都練馬区の区立中学校教諭の男(37)を強制わいせつ容疑で逮捕した。光が丘署によると、男は5月13日午後3時過ぎ、勤務先の中学校の男子トイレの個室で、10代の男子生徒の体を触るなどわいせつ行為をした疑い。しかし、5月21日未明、釈放直後に男は自殺した。東京地検は、6月28日付で男を被疑者死亡で不起訴とした。

 この事件では、一時、「教諭がそんなことをするはずがない」などの声が生徒からあがっていた。そのため、被害生徒に対してLINEグループなどで誹謗中傷がされた。

〈先生が逮捕されたのは、大げさに言ったからだ〉

〈やられていないことも言ったのではないか〉

〈逮捕されるように仕向けたのではないか〉

 この度、被害にあった男子生徒・野島ヨウヘイさん(仮名)に、母親同席のもと自宅で話を聞くことができた。実際には、どんな被害があったのか。その後、野島さんはどのような学校生活を送ったのか――。

写真はイメージです ©AFLO

「距離が近いよな」と思っていた

 卒業を前に「事件のことは正確な内容を他の人にも知ってもらいたい。自分が声をあげることで、どこかで困っている人が、声をあげられたらと思った」と、初めて思いの丈を話してくれた。

「逮捕された先生は、僕が中2の時、他の地域から異動してきたんです。授業以外でも話すことがありました。スキンシップをする人で、よく触ってきました。他の生徒に対しても同じです。最初は、『距離が近いよな』と思っていたんです。スキンシップを取るのは僕が知る限り男子生徒のみです。

 授業中も、一人1台のパソコンが与えられているのですが、そのPCを後ろから覗き込むことがあり、近いなと。最初は『なんだ?』と思っていたことがありましたが、気がついたら、そのことも慣れていました。

 ただし、陰キャの生徒は触らないですし、一度、拒否をしたら触らない感じで、白黒はっきりしていました。僕も先生の授業の成績が『5』だったので、それならいいかと思っていました。不思議な人だな、変だなとは思っていたんですが、嫌いではありませんでした。生徒から嫌われる先生ではなかったです。ただ、Instagramのメッセージ機能で『うちにおいでよ』と言われたこともあります」