文春オンライン

「息子が小学校を卒業する頃は、69歳か…」56歳で初めて父になった“高齢パパ”が、今後の育児に思うこと

『56歳で初めて父に、45歳で初めて母になりました 生死をさまよった出産とシニア子育て奮闘記』より #2

2023/01/27
note

 2020年7月、56歳で初めて父になった夕刊フジ編集長の中本裕己さん(59)。そんな中本さんが、当時45歳の妻が“超高齢出産”を果たすまでの苦難の道のりや、シニア子育てのリアルを綴った著書『56歳で初めて父に、45歳で初めて母になりました 生死をさまよった出産とシニア子育て奮闘記』(ワニ・プラス)を上梓し、話題を呼んでいる。

 ここでは、同書より一部を抜粋。残された時間がない、将来のお金がない、若い頃の体力がない「3ない」子育てに対する率直な心境を紹介する。(全2回の2回目/1回目から続く)

56歳で初めて父になった夕刊フジ編集長の中本裕己さん(著者提供)

◆◆◆

ADVERTISEMENT

小さな怪獣と格闘する日々

 わが家に赤ちゃんがやって来た。

 これまで病院でお世話になっていたこと、赤ちゃんの衣食住を、初日からすべてやらなくてはいけない。

 56歳で育児を始めることになるとは思わなかった。

 60歳で4歳、63歳で小学校に入学し、卒業する頃は69歳か。「70歳までの継続雇用制度」が我が社でも採り入れられていれば、給料は激減していたとしても仕事はあるかもしれない。せめて、息子が大学に入るまでは……などと考え出すとゲンナリするので、ええい、これは人生を走りながら考えるしかあるまい。

 とにかく育児は体力勝負である。

 これから小さな怪獣と格闘する日々が始まるのだ。

退院の日の親子写真。この日の我が子のためにちょっとがんばって用意した「セレモニードレス」(著者提供)

想像をはるかに超えた「+1」の存在感

 産まれてすぐは1203グラムだった体重は、2800グラムまで増え、無事に東大を卒業(病院)した我が子は、生後3カ月でやっと家族の一員になった。

 家族が2人から3人になった。24時間ともにいる「+1」の存在感は、たまに面会で顔を合わすときとは違って、想像をはるかに超えていた。ここからは、それを「56歳差」の視点で書いていきたい。