文春オンライン

「ママが素敵すぎるから」小4にして娘が“摂食障害”に…完璧すぎる教育にのめり込んだ《エリート美人ママ》の大失敗

『高学歴親という病』 #1

2023/02/13
note

「外食しても全然大丈夫だよ」

 摂食障害は、環境や親に対する拒絶反応が出る顕著な症状のひとつです。私が出会った摂食障害の子たちのほとんどが、親御さんに過度な食へのこだわりがありました。親が食にこだわり続けたことで、子どもが食べられなくなってしまう。そういう方はおおむね高学歴で、どんなことも完璧にやってのけます。

 私はルミさんに「お母さん、ごめんなさいね。娘さん、ちょっと大変な状態かもしれません。食事を摂ってないと倒れちゃったりするでしょ? ばたんと倒れる前に来てくれたから良かったよ」と話しました。彼女は涙を浮かべて聞いていました。

 その後、女児は少しずつ食べられるようになり、元の体重に戻りました。お母さんが完璧すぎることは子どもにとってリスクになる。このことは、娘さんが回復してから伝えました。

ADVERTISEMENT

「お母さんも、頑張って、頑張って、母親をやってるのはよくわかるよ。でも、ちょっと手を抜こうか。有機野菜でなくても、たまに手作りでなくても、外食しても全然大丈夫だよ」

写真はイメージです ©getty

 完璧主義な高学歴親は、私の肌感ではシャープで傷つきやすい人が多いです。感受性が強く、不安も察知しやすい。このため、あらかじめネガティブなことを回避するために、目の前のことに一所懸命に取り組みます。

 強い溺愛もある。そんな姿が、子どもにとっては「心配ばかりして自分を信頼してくれない」メッセージとして伝わるのです。

高学歴親という病 (講談社+α新書)

高学歴親という病 (講談社+α新書)

成田 奈緒子

講談社

2023年1月20日 発売

「ママが素敵すぎるから」小4にして娘が“摂食障害”に…完璧すぎる教育にのめり込んだ《エリート美人ママ》の大失敗

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー